「アンカレッジ」なぜ聞かなくなった? 日本に縁深かった空路の要所、その「いま」

かつて欧米への旅は、米・アラスカ州のアンカレッジ経由が主流でしたが、現在はほとんどの海外主要都市へ直行便でアクセスできるようになり、その名前を聞くことも随分と少なくなった印象です。「アンカレッジのいま」はどうなっているのでしょうか。

実は縁深い「アンカレッジ」と日本

 2016年11月12日(土)、JAL(日本航空)の「東京~ニューヨーク線」が開設50周年を迎えました。1966(昭和41)年11月12日に開設された同路線は当時、JALが1960(昭和35)年に日本で初めて導入したジェット旅客機、ダグラスDC-8型機による運航で、東京~ニューヨーク間を、ホノルルとサンフランシスコの2地点を経由して結ぶルートでした。

 その後、JALの「東京~ニューヨーク線」は1968(昭和43)年にサンフランシスコのみの経由となり、1972(昭和47)年には米・アラスカ州南部のアンカレッジへと経由地を移行。1977(昭和52)年からは、DC-8型機の後継機であるDC-10型機が就航します。そしてJALは1983(昭和58)年、当時の新型エンジンが搭載され、燃料タンクも増設されたボーイング747-200LR型機を投入し、ニューヨーク線は直行便で運航されるようになりました。

161116 anchorage 01
ニューヨークのJFK国際空港へ着陸する日本航空のボーイング787型機(写真出典:zhukovsky/123RF)。

 この直行便が誕生するころまで、特に1970年代初頭から1980年代半ばにかけては、ニューヨークに限らず日本から欧米へ行く旅は、前述のアンカレッジ国際空港、正式には「テッド・スティーブンス・アンカレッジ国際空港」経由が主流でした。これは、「日本の航空会社が運航する国際線定期便」をJALが独占していた時代であり、日本の年間出入国者が100万人を突破した1980(昭和55)年前後、大多数の日本人にとって海外旅行が少しずつ身近なものになり始めた時期と重なります。

 それゆえ、たとえばある程度の年齢以上である日本人にとって、「アンカレッジ」という地名はとてもなじみ深いもののようですが、最近あまり聞かなくなったとも。実際、それよりも年下の世代になると、さほど耳にする地名ではなく、まさに「世代間の隔絶」ともいえるでしょう。

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 161116 anchorage 04
  • Thumbnail 161116 anchorage 01
  • Thumbnail 161116 anchorage 02
  • Thumbnail 161116 anchorage 03

関連記事

最新記事

コメント

15件のコメント

  1. 一目瞭然
    地図凄い

  2. B747-200に "LR" と言う機種はありません。ジャルのJFK行き直行便はB747-200BのエンジンにJT-9の後期高出力型を使い燃料搭載量を増やした型です。

  3. 日本・アメリカ・欧州、各々の時差が大きく、時差ぼけがキツかった記憶が…
    欧州からの帰国便、日本食が懐かしく“うどん”に飛んでいった思い出が残っています♪

    ロビーに有った免税店、日本人の添乗員でも登録すれば、お客さんの売上高に応じた「おこずかい」を頂けた懐かしい時代です。

  4. 今から31年前にヨーロッパへバックパック旅行した時、飛行機がアンカレッジで給油するために降りた。空港にすごく大きくて迫力のあるシロクマの剥製があったことを今も憶えている。

    • 30年くらい前でしょうか、シロクマは立ち姿で人間の身長より高かったような記憶あります。

  5. 大韓航空でソウルから、チャイナで台北から直行便があり利用しました。今はなくなり米国本土、ハワイからの乗継でしょうか?5~6回行きましが、景色が素晴らしく落ち着いた町が好きです。免税店で働いていた日本人とも仲良くなりましたが?機会があれば再訪したいところの一つです。

  6. アンカレジ経由、懐かしい響きですね。

  7. 赤提灯のうどん懐かしいね。

    • うどん!懐かしいですね。
      帰国の途中にあれを食べるともう半分日本に帰って来た感じの安堵感。
      特別に美味しくはないし高かったけれどなんとも言えない安心感。
      食べ物って人に笑顔を与えます。^^

  8. 平成元年6月20日アンカレッジ経由で移住の為イギリスに向かった時に,
    アンカレッジでシンクロナイズドスイミングの小谷実可子さんに遭遇した思い出があります。
    小谷さんもヨーロッパに遠征に行かれる時でした。

  9. 残念、正距方位図法とするなら、中心をアンカレッジにすべきだったな。地図載せた人、わかっていないね。

  10. 「初めての外国」=「アンカレッジ」の年代には、懐かしいですね〜。
    日本から北米への路線では、当地時間で真夜中近くに着くことが多かったので、満天の星空が印象的でした。
    日本人観光客目当てに、ヘンテコな土産物がたくさん並んでいました。
    日本人の男性(ほぼ全員男性!)がラーメン屋に長〜い列を作って並んでいたのも印象に残っています。

  11. 当時この空を飛んでいた祖父のことを少し知れた気がします。ありがとうございます。

  12. 初めてのドイツ出張アンカレッジの大きなしろくまの剥製あれから40数年なつかしいですねー

  13. アンカレッジ経由でヨーロッパに行くと、北極圏通過証明書が発行されました。