JASとはなんだったのか 国内航空会社の歴史から振り返るその成立と消滅

かつて日本には「三大航空会社体制」と呼ばれる時代がありました。「45/47体制」とも呼ばれたその時代、3社の一角を担っていたのがJASです。JASはいかに成立し、そして消えていったのでしょうか。

日本のローカル線を支えた日本エアシステム

 2017年現在、日本の航空会社は海外資本のLCCなども含めて増え続けていますが、かつて日本の航空路線は、JAL(日本航空)とANA(全日空)、そしてJAS(日本エアシステム)の三大航空会社で占められていた時代がありました。

171017 jas 01
国内の幹線で活躍したJASのエアバスA300(画像:JAL)。

 JASは日本のローカル路線を中心に、中国や韓国へ国際線も運航していましたが、JALとの経営統合で2004(平成16)年に消滅します。

 そもそもJASはどのように誕生し、そしてなぜ消滅したのでしょうか。

日本の民間定期航空路線、始まりは大正時代

 JASの誕生背景には、もちろん、そこに至る日本の民間航空事情があります。

 日本の民間定期航空路線は1922(大正11)年、日本航空輸送研究所によって大阪~徳島と大阪~高松間で定期航空便が開設されたことからスタートしました。その後、1939(昭和14)年に戦時下の国策会社として大日本航空が設立され、ほかの民間航空会社は業務を停止します。

 太平洋戦争後、日本はGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)により全ての日本国籍の航空機の運航が停止され、これは1950(昭和25)年6月まで続きます。同時に、日本での航空会社の設立も認められませんでした。その間、日本へ乗り入れのあった連合国の航空7社が、国内線を開設しようという動きがありましたが、日本政府がこれを拒否しGHQに認められます。

この記事の画像をもっと見る(6枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171017 jas 02
  • Thumbnail 171017 jas 03
  • Thumbnail 171017 jas 04
  • Thumbnail 171017 jas 05
  • Thumbnail 171017 jas 06
  • Thumbnail 171017 jas 01

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 合併後のJAL社員による元JAS社員へのイジメの歴史も書いてほしかったですね。

    「痕跡」は、書かれているようないい話ばかりではありません。

    その前にANAに合併を打診したところ、蹴られたこともありましたっけ。

  2. 合併したら元社員同士もめるのは当然のことです。
    JASに関しては瀕死だったのをJALと合併して、それからJALは足を引っ張られ、とうとう破綻してしまった。
    本来なら合併じゃなくて、良くても吸収か、あの状態ではJASが経営破綻すべきだったのです。
    なのに、合併後は大きな顔してJALの悪口ばかり………そら、いじめられますわね。
    一体誰のおかげであなた達はこの会社で働けてるの?って。
    確かにJALは変な会社ですが……今も。
    経営破綻後は優秀なJ社員は他社に買われて行きましたが、今、残ってるのは、残りカスの社員、それも多くは元JAS社員です。
    JALと言うけど今のJALは旧JASです。
    ですから一見、回復してるようですが、中身は全然、質も最悪の状態です。