ボーイング737、なぜ「タイヤむき出し」で空を飛ぶ? 離陸しても閉めるドアがない!

日本の航空会社でもよく目にするボーイング737シリーズは、尾翼や前脚も特徴的ですが、離陸後の機体を見ると主脚のドアがなく「むき出し」なのもポイント。同機の誕生背景を考えると、このほうが望ましく、効率的だったりします。

離陸したボーイング737を見上げると…

 JAL(日本航空)やANA(全日空)をはじめ、国内各社で使われているボーイング737シリーズは、1967(昭和42)年に初飛行。50年以上の歴史があり、2018年には製造機数が1万を突破するなど、ボーイング社としてだけでなく、旅客機としてもトップの製造機数です。時代に応じて機体仕様は変更されているものの、基本設計は変わりません。

Large 190925 door 01

拡大画像

成田空港を離陸するJALのボーイング737-800型機(2019年5月、伊藤真悟撮影)。

 このボーイング737シリーズ、空港の展望デッキからは分かりづらいですが、実は胴体中央にある主脚(メインギア)の格納部にドアがないことが大きな特徴です。離陸して車輪が格納されたボーイング737型機を下から見ると、タイヤが「むき出し」の状態になっています。

ドアで覆うのが一般的な現代の飛行機

Large 190925 door 02

拡大画像

主脚を格納し、ドアを閉める途中のタイ国際航空エアバスA330型機(2019年5月、伊藤真悟撮影)。

 現代の飛行機はメインギア部分にドアを持ち、格納時にそれを閉じるのが一般的ですが、なぜボーイング737シリーズはこのような方式なのでしょうか。

 これには当初、短距離を運航する現代の「リージョナルジェット」に似た目的で開発された同シリーズの経緯が関わっています。

テーマ特集「【飛行機特集】航空券の予約術や座席選びのコツ、最新のグレードや料金事情を徹底紹介! 格安のLCC情報も!」へ

【写真】主脚を「むき出し格納」した状態のボーイング737

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190925 door 04
  • Thumbnail 190925 door 05
  • Thumbnail 190925 door 01
  • Thumbnail 190925 door 02
  • Thumbnail 190925 door 03

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 車輪の収まるところの内側がケーブルや配管むき出しでびっくりしました。