鉄道の記事一覧

  • 「京急nanaco」をその場で抽選200名にプレゼント

    「セブン-イレブン京急ST大森町店」がオープンすることを記念し、「京急オリジナルnanaco」が抽選で200名に、その場でプレゼントされるキャンペーンが実施されます。

  • 阪急京都線のラッピング列車、愛称は「古都」に決定

    京都の名所などをあしらった阪急京都線のラッピング列車について、その愛称が「古都」に決定しました。3月28日からヘッドマークを掲示して運行されます。

  • 基地は鉄道博物館? 新幹線変形ロボ「シンカリオン」出撃

    「はやぶさ」などとして活躍するE5系新幹線が、鉄道博物館のような場所から発車。ロボットに変形して敵と戦いました。ジェイアール東日本企画と小学館集英社プロダクション、タカラトミーが新たに発表したキャラクターコンテンツの話で、JR東日本監修のもと、実在する新幹線がロボットに変形します。

  • 新宿駅に「動く静止画」登場 交通広告で日本初

    3月17日(火)から「LIVAS(リバス)」という特殊LED大型ボードを使用した交通広告が、JR新宿駅構内アルプス広場に登場しました。静止画が動いて見える「LIVAS」、交通広告に使われるのは日本初とのことです。

  • 人気の大井川鐵道「きかんしゃトーマス」、駅弁に

    本物のような「きかんしゃトーマス」が走り、話題の大井川鐵道。駅弁でも「トーマス」が活躍しています。

  • 大阪環状線、全駅の発車メロディ決定 天王寺は和田アキ子、新今宮はドヴォルザーク

    各駅への発車メロディ導入が進められている大阪環状線。JR西日本は3月16日、その全駅について採用曲発表しました。選曲にあたっては「らしさ」を大切にしたといい、民謡からポップスまで様々なメロディが登場します。

  • 西武HDが台湾鉄路と包括提携 災害時は相互応援

    西武HDと台湾鉄路管理局が「包括的事業連携に関する友好協定」に調印。そこには単なる姉妹鉄道関係にとどまらない意図があるようです。また両者は災害時の相互協力も発表したほか、今後、京急を交えた更なる展開が見られるかもしれません。

  • 定期運行終了の「北斗星」 臨時列車化で豪華に

    3月13日発車分をもって、寝台特急「北斗星」が定期運行を終了。引き続き4月から8月末までは臨時列車として運転される予定です。実はこの「北斗星」、臨時化されてからのほうが定期列車時代より豪華になります。

  • 新幹線本部長「今日は画期的な日」

    東海道新幹線の最高速度が23年ぶりに向上し、北陸新幹線は金沢まで延伸開業。2015年3月14日は日本の高速鉄道「新幹線」にとって「画期的な日」だと、JR東海の新幹線鉄道事業本部長は話します。

  • 上野東京ラインを知る「10」の要点

    3月14日、「上野東京ライン」の開業で東京を南北へ貫く移動が便利になります。これによって具体的にどう変わるのか、ぜひ知っておきたい10のポイントをまとめてみました。もしかすると、ちょっと心配なこともあるかもしれません。

最新記事