JAC&HAC 「ワンワールド」アフィリエイト加盟 JALグループ離島路線の利便性アップへ

屋久島、喜界島、沖永良部、但馬がネットワークに入ります。

 JAL(日本航空)グループのJAC(日本エアコミューター)とHAC(北海道エアシステム)が2020年10月21日(水)、世界の多数の航空会社が加盟する航空連合「ワンワールド アライアンス」に、25日(日)からアフィリエイト(系列航空会社)加盟すると発表しました。

Large 201021 jal 01

拡大画像

JACの飛行機(2019年、乗りものニュース編集部撮影)。

 2社が加わることで、「ワンワールド」加盟航空会社利用者は日本国内における旅行先の選択肢がさらに増加。現在、日本国内の50以上の空港にわたるワンワールドのネットワークに、新たに屋久島、喜界島、沖永良部、但馬が加わるとのことです。

「ワンワールド」はアメリカン航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、キャセイパシフィック航空、フィンエアー、イベリア航空、マレーシア航空、カンタス航空、カタール航空などが加盟。マイレージ会員に対するアライアンス内のネットワークでのマイル積算やラウンジの共有、特典航空券の利用を始めとした会員特典など、航空会社の垣根を超えた連携に注力しています。

 JALは「世界と日本の地域をつなぎ国境を越えて、日本の地域を世界の地域にしていき
たいです」とコメント。JALは2007(平成19)年から「ワンワールド」に加盟しており、JALグループではJ-AIRとJTA(日本トランスオーシャン航空)に次ぐ、「ワンワールド」へのアフィリエイト加盟となります。

【了】

HACではJALグループ最小機種も現役!

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント