ソラシドエア名物「一風変わったスープ」 9日から機内提供復活 コーヒーも

国内航空会社のスープ復活の流れに乗りました!

 宮崎を拠点とする航空会社、ソラシドエアが2020年11月9日(月)の初便から、機内でのホットドリンクの提供を再開しています。

Large 201109 sna 01

拡大画像

ソラシドエアの飛行機(2020年、乗りものニュース編集部撮影)。

 新型コロナウイルス感染拡大下の機内衛生策向上の一環としてソラシドエアはホットドリンクの提供を休止していましたが、今回、ホットコーヒーと、長崎県産アゴ(トビウオ)と大分県産ユズの風味を持つ同社の人気商品「ソラスープ(アゴユズスープ)」の2種類を再開させました。

 ちなみに、ホットドリンク類を提供するJAL(日本航空)、ANA(全日空)、スターフライヤー、AIRDO、スカイマークも、機内でのホットコーヒーやスープ類のサービス提供を再開しています。

 なお、ソラシドエアでは平時「ソラスープ」の機内販売を実施していますが、こちらは引き続き販売を休止。一方で、公式サイトからのウェブ購入は可能とのことです。

【了】

【写真】ソラシドエアの「ソラスープ」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント