レクサスのフラッグシップ―新型「LS」登場 「銀影ラスター」身にまとい

レクサスのフラッグシップモデル「LS」に新型が登場!

 レクサスが2020年11月19日(木)、フラッグシップセダン「LS」を改良し、発売しました。ポイントは以下の通りです。

・レクサス独自の上質な走りの深化を目指し、DNAである静粛性と乗り心地のたゆまぬ進化を追求。
・パワートレーンやサスペンションからシート縫い位置などの細部に至るまで徹底的なつくりこみを実施。
・ヘッドランプ周りの意匠や、フロントグリルとリヤコンビネーションランプの表面処理を変更。
・進化した塗装技術によって、深い陰影と艶やかで鏡面のような質感を実現した新規外板色の「銀影(ぎんえい)ラスター」を設定。
・タッチディスプレイの採用による操作性向上。
・日本独自の美意識に由来した世界観をインテリア空間に取り入れるべく、銀糸を織り込んだ西陣織と、プラチナ箔などの匠の手によってつくられる素材を採用。

Large 201120 ls 01
「銀影ラスター」の新型「LS」(画像:レクサス)。

 3.5L V型6気筒ツインターボエンジンは、使用頻度の多い走行領域でのエンジントルクの立ち上がりを向上させ、余裕のある力強い走りを実現したとのこと。

 そして、高度運転支援技術の「Lexus Safety System +A」を全車に採用。右左折時に前方から来る横断歩行者も検知可能になっているといいます。

 メーカー希望小売価格は、1073万円から1728万円。高速道路などの自動車専用道路での運転において、車載システムが車線・車間維持、分岐、レーンチェンジ、追い越しなどを支援する最新の高度運転支援技術「Advanced Drive」搭載車は2021年の発売予定です。

【了】

【写真】レクサスのフラッグシップ「LS」のエクステリア&インテリアを写真で見る!

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 600hの復活は?LSはサイズを見直さないとダメだね、だってSクラスよりデカいんだもん、V6なら直4ターボやハイブリッドのほうがよいかも、何時も思うけど単なる4速ATの初代と2代目前期までのセルシオの素直さが懐かしい