「アウトドア派のプロボックス」の次は? コロナ禍で注目 意外な車のSUV風カスタム

トヨタの商用バン「プロボックス」などをベースに、その印象をガラリと変えるような「SUV風」カスタムカーを販売する例が増加。プロボックスじゃ物足りない、という声も出ており、さらに意外なクルマの「SUV風」も登場しています。

やはりプロボックスはプロボックスなのか…?

 クルマのカスタムといえば、エアロパーツを取り付けたり、エンジンやマフラーを換装したり、車高を下げたりする「走り」重視のスタイルが長らく主流を占めていましたが、2020年現在、別の潮流も生まれつつあります。

 それは、タイヤをやや大きくして車高を「上げる」スタイルのカスタムです。もともとオフロード走行を想定したSUVやRV車では一般的なカスタムですが、これを、全く違うジャンルのクルマに適用し、「SUV風」に仕立てるというもの。カーショップが中古車を活用し、このようなコンプリートカスタム車を販売するケースも増えています。

Large 201124 prisuv 01

拡大画像

プロボックスのSUV風カスタム車(画像:カージャパン ギネス)。

 その代表的な種車のひとつが、トヨタの姉妹商用バン「プロボックス」「サクシード」。オフロードタイヤを履かせて車高を上げたり、塗装をマット調にしたり、ルーフキャリアなどの装飾を施したりして、商用車のイメージを一変。まさに“アウトドアギア”といったスタイルの提案が、全国のショップで行われています。

 プロボックスのコンプリートカスタム車を販売するカージャパン ギネス(仙台市若林区)によると、コロナ禍でアウトドアなスタイルが注目されていることもあり、引き合いが増えているといいます。その一方で、「プロボックスじゃちょっと……」という声も出てきたとか。5ナンバーサイズの商用車は元来、装備も簡素であるうえ、車内空間も狭いと感じる人がいるそうです。

 そこで、プロボックス・サクシード以外の車種で、同じように印象をガラッと変えるようなカスタムも出てきました。

【写真ギャラリー】ワイルド&レトロ! 意外なSUV風カスタム車をチェック!

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント