駅だけど名前が「車両基地」の駅 誕生へ JR大村線・大村車両基地駅 新幹線基地に由来

長崎県大村市の新名所になるかもしれません。

 JR九州が2020年11月26日(木)、長崎県内を走る大村線の新駅について、正式名称を発表。新幹線の車両基地に由来する駅、その名も「大村車両基地」が誕生することになりました。

Large 201126 omurasen 01

拡大画像

大村湾に沿って走る大村線のキハ66・67形ディーゼルカー(2019年2月、恵 知仁撮影)。

 大村線の松原~竹松間、長崎県大村市内に誕生する同駅は、2022年秋頃の暫定開業(武雄温泉~長崎)を予定している、九州新幹線西九州ルートの大村車両基地に隣接。ただ新幹線の駅はないため、乗り換えはできません。ちなみに同駅は、「車両基地駅」という仮称でした。

 なお、同じく大村線には2022年秋頃、長崎県大村市内の竹松~諏訪間に、九州新幹線西九州ルートと接続する新駅も誕生。こちらは「新大村」という名称になります。

【了】

【画像】駅なのに車両基地である「大村車両基地駅」駅舎のイメージ

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道を中心に、飛行機や船といった「乗りもの」全般やその旅について、取材や記事制作、写真撮影、書籍執筆などを手がける。日本の鉄道はJR線、私鉄線ともすべて乗車済み(完乗)。2級小型船舶免許所持。鉄道ライター/乗りものライター。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. いい駅名だと思う。
    新幹線基地に勤務の方々、できれば鉄道で通勤を。