多磨駅の新駅舎、23日使用開始 橋上駅舎化 東口新設で味スタも便利に 西武多摩川線

移動がそこそこ便利になります。

Large 201205 tama 01

拡大画像

橋上駅舎化する多磨駅の完成イメージ図(画像:西武鉄道)

 西武鉄道は2020年12月8日(火)、西武多摩川線の多磨駅の新しい駅舎を12月23日(水)から使用開始すると発表しました。

 新しい駅舎は橋上駅舎と自由通路を有し、駅の東西に直接アクセスすることができます。駅の東側に位置する東京外国語大学や味の素スタジアム(東京スタジアム)へも、今まではいったん西口から地下通路を通り抜けるなど迂回の必要がありましたが、新駅舎の完成で所要時間が若干短縮されます。

 駅構内はエレベーター設置などにより、全面バリアフリー化。通路や階段の壁面には、利用客によるイラストがはいった、桜の花びらがモチーフの装飾が施されています。

 今後、既存の駅舎の撤去に加え、現況のプラットホームの拡幅などの工事が行われる予定です。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. まだ橋上の自由通路を使ったことがありませんが恐らく今までのように地下通路を使った方が早いもしくはあまり変わらなく早くなることは恐らく無いと思います(地元民)