香港のホームドアでシェアナンバーワンになったナブテスコ だが中国企業の台頭も

香港鉄路のホームドアは、日本のナブテスコがナンバーワンのシェアを築いています。買収など、厳しい世界のビジネスで勝ち抜いた結果ですが、中国企業の台頭も目立つようになってきました。

この記事の主な内容

・縁の下の力持ち的企業
・ホームドアが早期に普及した香港ならではの理由
・スイスの会社のホームドアを採用
・ナブテスコが風穴を開ける
・中国系企業も台頭
・まだ拡張が続いている香港の地下鉄

【画像枚数】全3枚

縁の下の力持ち的企業

 ナブテスコは、あまり世間には知られていないかもしれませんが、東証一部に上場する世界屈指の機械メーカーです。地下鉄を含め、香港の鉄道をとりしきる香港鉄路(MTR)のホームドアは、ナブテスコが買収など厳しいビジネスの世界で勝ちぬいた結果、シェアナンバーワンの地位を築いています。

 ナブテスコの2019年12月期の決算を見ると、売上は前年比1.6%減の2898億800万円、営業利益は同15.7%増の253億2000万円の減収増益でした。要因は減損処理の反動としています。

 ナブテスコは8つの主要製品がありますが具体的に見ると、中大型産業用ロボット関節用途精密減速機は世界シェア60%、油圧ショベル用走行ユニットは世界シェア25%、鉄道車両用ドア開閉装置の国内シェア70%、鉄道車両用ブレーキシステムは国内シェア50%、舶用エンジン遠隔制御システムは世界シェア40%、商用車用ウェッジブレーキ用チャンバー国内シェア80%、建物用自動ドアは世界シェア20%、国内50%、レトルト食品用充填包装機が国内シェア85%などとなっています。

 これらを見ると、どれもニッチな分野ですが、それがなければ機械自体が動かないわけですから、縁の下の力持ちぶりが発揮されていると思います。

ホームドアが早期に普及した香港ならではの理由

 香港のホームドアは、1996(平成8)年に九龍半島東側を主に走る地下鉄觀塘線(Kwun Tong Line)の彩虹駅(Choi Hung)に、天井から全面を覆うスクリーンタイプがテスト用として設置されたのが始まりです。

 ホームドアを最初からつけることを前提として建設が進められたのは、香港国際空港と香港中心部にある香港駅(Hong Kong Station)を結ぶ機場快線(Airport Express)と、それとほぼ並行する路線である東涌線(Tung Chung Line)です。これは空港が、1998(平成10)年に旧啓徳空港(Kai Tak Airport)から現在地に移動することを受けての措置でした。このときは、フランスのFaiveley Transport社製のホームドアが採用されています。

Large 201228 homedoor 01

拡大画像

香港MTRのフルスクリーンタイプのホームドア(武田信晃撮影)。

 こうして早い段階でホームドア設置が推進されていくわけですが、なぜMTRは、ホームドアの設置を強力に進めたのでしょうか。

 実は電車が遅れると、鉄道会社は香港政府に罰金を支払わなければならないからです。2020年第3四半期の定時運行率は約99.9%を実現させていますが、ほとんどの駅にホームドアが設置されたことで、転落事故も自動的に減っていくので、より定時運行がしやすい環境が整うという好循環が生まれています。

スイスの会社のホームドアを採用

残り1804文字

この続きは有料会員登録をすると読むことができます。

2週間無料で登録する

Writer: 武田信晃

新聞記者、編集者として勤務した後、フリーランスのジャーナリストとして独立。香港と日本の政治・経済、社会などを中心取材するほか、国内外で行われているスポーツについても取材・執筆をしている。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」