貴重な「胴体短すぎるジャンボ」747SP 宇宙仕様のものが4カ月ぶりフライト 機齢44年

わがままボディは健在です!

異形ジャンボを改造し飛行天文台に

 航空機追跡サイト「フライトレーダー24」の公式Twitterは2021年1月31日(日)、NASA(アメリカ航空宇宙局)とDLR(ドイツ航空宇宙センター)保有の航空機「SOFIA(成層圏赤外線天文台)」がドイツ上空をフライトしたと投稿しました。

Large 210201 b74s 01

拡大画像

NASAとDLRが保有するボーイング747SP、「SOFIA」(画像:NASA)。

「SOFIA」は元ユナイテッド航空のボーイング747SPのなかに望遠鏡を搭載するなどの改修を施し、飛行天文台として使用されている航空機で、機齢は44年とのこと。

 ベースとなっている747SPは、「ジャンボジェット」ことボーイング747シリーズのなかで唯一となる胴体短縮型です。通常のタイプより約15m縮められた胴体は航続距離の延長が目的で、この世代の旅客機としては屈指のロングフライトが可能です。ただし、「ジャンボ」シリーズでもっともメジャーな747-400は700機近く製造された(貨物型などを含む)のに対し、747SPの製造機数は45機。シリーズのなかでも少数派のタイプで、同サイトも「稼動している数少ない一機」としています。

 同サイトによると、今回のフライトはドイツのハンブルク空港を発着し6時間37分実施されました。同機がフライトするのは、2020年9月以来約4か月ぶり。今回は、メンテナンス後のテスト飛行だったそうです。

【了】

【こちらも少数派】長~い「ジャンボ」

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント