【空から撮った鉄道】1枚で写しきれないほどの大規模なスイッチバックを撮る 「立野スイッチバック」

2016年4月に発生した熊本地震では豊肥本線も大きな被害が複数発生。長らく部分運休をしていましたが、2020年8月に全線復旧しました。その1ヶ所である「立野スイッチバック」を地震前の2014年4月に空撮。1枚では収まりきれないほどのスイッチバックでした。

この記事の目次

・「ななつ星in九州」撮影の前哨戦
・規模が大きいと高度を稼がねばならず
・限られた時間で撮影する列車を決める
・発車までお付き合いしたかったけれど

【画像枚数】全13枚

「ななつ星in九州」撮影の前哨戦

 豊肥本線は熊本と大分を結び、九州を横断しています。その道は険しく、阿蘇山や外輪山を越えねばなりません。熊本平野は瀬田駅付近で終わり、行く手には阿蘇の外輪山の山々が立ちはだかります。

 瀬田駅は標高170m、立野駅は標高277m、赤水駅は標高465m。この隣接する3駅の標高は、阿蘇山と外輪山の急峻な地形によって、一気に上がっています。この難所を越えるため、立野駅~赤水駅間には「逆Z字」形をした三段スイッチバックが設置されました。三段スイッチバックとしては日本最大級の規模を誇ります。

Large 210207 tateno 01

拡大画像

東側から撮影した「立野スイッチバック」の全景。画面中央付近が豊肥本線・南阿蘇鉄道の立野駅。大分方面への列車は立野駅から画面左上方向の引き上げ線へ向かい、折り返しで画面右下方向へと進んで行く。スイッチバックをショートカットして通過できる線路はなく、全列車ジグザクに行ったり来たりする(2014年4月6日、吉永陽一撮影)。

 空撮は地震の2年前の2014(平成26)年4月6日です。熊本空港から飛び立ち、クルーズトレイン「ななつ星in九州」と熊本市内を空撮するプランでした。「ななつ星」の空撮エピソードは、2018年11月7日配信の「車体の「七変化」に悩まされたクルーズトレイン「ななつ星」」に掲載されています。もう2年も前の記事なのですね。合わせてご覧ください。

Large 210207 tateno 02

拡大画像

立野駅を眼下に引き上げ線側を望む。画面中央付近では国道57号が横切り、熊本方面へ向かう豊肥本線はしばらく国道57号と併行する(2014年4月6日、吉永陽一撮影)。

「ななつ星」の空撮は久大本線の由布院駅からで、その前には立野駅上空を通過します。そこで前哨戦として、「立野スイッチバック」を空撮することにしました。ただし、雲がポコポコと湧くブチ模様の晴れになってしまったため、空撮の絵的には厳しいです。「ついでだから…」と諦めながら撮ることにしました。

規模が大きいと高度を稼がねばならず

「立野スイッチバック」は地図で見ても分かるように、とにかく規模が大きいです。シンプルな逆Z形三段スイッチバック構造ですが、国土地理院地形図で実測してみると、引き上げ線と立野駅までの距離が、直線で約1.5kmもあります。これだけ規模が大きいと、写真一枚で捉えるためには、高度を稼いで狙わねばなりません。

 しかし現地へ到達すると雲が多く、影と晴れ間がミックスされていて、絵的にキツイです。真上から狙うカットは諦めました。実際の高度はもう忘れてしまいましたが、だいたい地上から500mくらいの高さだったと思います。

限られた時間で撮影する列車を決める

「立野スイッチバック」は熊本空港の東側にあって、すぐ到着できるのが便利なのですが、空港に近いということは、離着陸機の影響も受けやすいということです。このときは着陸機がない時間帯を考慮しながら、「ななつ星」撮影へ間に合う時間内で、かつ、何か列車が走っている時間を狙いました。すると、14時前に上りの優等列車「九州横断特急」が走っています。その列車を狙うことにしました。

残り1086文字

この続きは有料会員登録をすると読むことができます。

2週間無料で登録する

Writer: 吉永陽一(写真作家)

1977年、東京都生まれ。大阪芸術大学写真学科卒業後、建築模型製作会社スタッフを経て空撮会社へ。フリーランスとして空撮のキャリアを積む。10数年前から長年の憧れであった鉄道空撮に取り組み、2011年の初個展「空鉄(そらてつ)」を皮切りに、個展や書籍などで数々の空撮鉄道写真を発表。「空鉄」で注目を集め、鉄道空撮はライフワークとしている。空撮はもとより旅や鉄道などの紀行取材も行い、陸空で活躍。

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」