川崎に連節バス初登場 全長18m 川崎駅~臨海部のBRT導入に向け試走

東京・横浜でも走り出しましたからね!

川崎駅と臨海部を結ぶBRT構想に向け

Large 210308 kawasaki 01
川崎市が連節バスのイメージとして提示している日野の国産連節バス(画像:日野自動車)。

 川崎市が2021年3月12日(金)、同市で初となる全長約18mの連節バスを走らせます。

 運行ルートは川崎駅東口から、臨海部に位置する水江町(川崎区)までのあいだ。川崎市営バス川10系統や臨港バス川21系統などのルートに沿う形で、川崎駅東口から大島四丁目交差点までは2通りのルートが設定されています。当日は9時30分頃から15時30分頃まで、同区間を計3往復するということです。

 川崎市国際戦略本部によると、川崎駅と臨海部を結ぶBRT(Bus Rapid Transit)導入に向け、今回は連節バスの走行にかかる影響や安全性の確認などを目的としているそう。このため関係者以外は乗車できません。

 なお車両について、資料では日野の国産連節バスがイメージとして挙げられていますが、今回の試走車は、営業運転する車両とは異なるとのこと。国産車は車幅2495mmですが、試走車は2510mmだそうです。

【了】

【地図】川崎初の連節バス試走ルート

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント