113人乗り連節バス「神都ライナー」12月プレ運行開始 いすゞの国産車 三重交通

三重交通のグループ会社が車両を供給します。

Large 201013 shinto 01

拡大画像

三重交通が伊勢市内の外宮内宮線に導入する連節バス「神都ライナー」(画像:三重交通)。

 三重交通は2020年10月13日(火)、伊勢神宮などを走る「外宮内宮線」で計画している連節バスの導入について、愛称や運行時期が固まったと発表しました。

 連節バスの愛称は「神都(しんと)ライナー」。車両には外宮内宮線の専用車として、神宮の森や神聖さを緑と白のツートンカラーで、五十鈴川(いすずがわ)の流れを中扉のドット柄で表現したデザインを施すといいます。

 車種はいすゞのハイブリッド連節バス「エルガデュオ」です。2台の車体がつながったその全長は約18m、定員は座席38名、立席74名、乗務員1名の計113名で、標準的な路線バスの約1.6倍だそうです。三重交通のグループ会社である三重いすゞ自動車が、車両の販売やアフターサービスを担います。

 今後、10月と11月に各1台が納入され、12月から「プレ運行」との位置づけで、繁忙期に臨時便として運行を開始するといいます。本格的な定期運行は2021年4月からの予定です。

 ちなみに国産の連節バスは、2020年7月から横浜、10月から東京で運行を開始しています。今回の三重交通が国内3例目の営業運行となる見込みです。

【了】

★★どこ走る? 三重交通の連節バス路線図/写真ギャラリー★★

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

4件のコメント

  1. 外宮から内宮のぼったくりバスに連節参上ですかw
    皆さん!健康の為に猿田彦神社前で降りて内宮まで歩きましょう!
    運賃も猿田彦から跳ね上がるので、その分をお賽銭に回しましょう!

  2. 伊勢神宮へ参拝する人は先に二見浦へ行くことになるので、自動的にみちくさきっぷを使うことになります。

    • 仕事で内宮の店に行くことになったけど、荷物抱えてたので近鉄特急で宇治山田駅まで乗って、久野節設計の駅舎を堪能して(近代建築マニアなので)、そこから神都バスに乗って伊勢市駅や五十鈴川駅を経由して仕事場に行った思い出(全ては自分の計画通りなのだよ)。交通費は会社支給だったし。

  3. エルガ デュオって日野のA09エンジンかな?
    てかシステムは日野?純正6HK1ハイブリッドは何故か?消えたしね
    何れも車体が重いので4HK1やA05では無理なのか?
    A09は総排気量は8900ccなのでトラックなら25t車用のエンジンだね
    Jバスな宇都宮工場?
    動力車に6気筒を載せた証にリヤオーバーハングは旧型の流用かな?