近鉄「新スナックカー」12200系 臨時特急で4月に復活 賢島まで4日間運転

乗車できる「残り少ない機会」とのこと。

上本町・名古屋~賢島で1日1往復運転

Large 210308 kintetsu 01

拡大画像

2月21日に引退した近鉄12200系(画像:近畿日本鉄道)。

 近鉄は2021年3月8日(月)、「新スナックカー」の愛称で親しまれ、2月21日に定期運用を終了した特急12200系電車について、4月中に臨時特急列車として運転を行うと発表しました。

 特急12200系電車は1969(昭和44)年に運行開始。高度経済成長とともに近鉄の中長距離輸送を支え、製造数は168両と、最大勢力となっていました。

 臨時運転が行われるのは4月10日(土)、11日(日)、25日(日)、29日(木祝)の4日間です。各日とも、大阪上本町~賢島間と近鉄名古屋~賢島間で、1往復ずつ運転されます。
 
 特急券の販売開始は通常と同じく、運転日の1か月前の同日の10時30分からとなります。

 なお、近鉄は今回の臨時運転を、12200系電車に乗車できる「残り少ない機会」としています。

【了】

【時刻表】臨時列車の運行予定時刻

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント