近鉄「新スナックカー」引退で記念乗車券とグッズ発売 車番にちなんで1220円

「特急」ヘッドマークのピンバッジも。

懐かしの勇姿がデザインされた乗車券

 近鉄は2021年3月3日(水)、「新スナックカー」の愛称で親しまれた特急12200系電車が2月21日に引退したのを記念し、特別デザインの乗車券とグッズを発売すると発表しました。

Large 210303 kintetsu 01

拡大画像

2月21日に引退した近鉄12200系(画像:近畿日本鉄道)。

 特急12200系電車は1969(昭和44)年に運行開始。高度経済成長とともに近鉄の中長距離輸送を支え、製造数は168両と、最大勢力となっていました。

 今回発売される引退記念乗車券は、大阪難波駅および近鉄名古屋発の2種類が発売され、それぞれ車両型式番号にちなんだ「1220円」区間の片道乗車券です。乗車券の両面には、12200系の懐かしの写真がデザインされています。各駅発3000枚の限定生産となります。

 一般販売は3月29日(月)から9月30日(木)までで、大阪上本町駅および近鉄名古屋駅の特急券売り場で発売されます。売り切れ次第発売終了となります。

 また、インターネット予約で先行販売が行われます。予約受付は3月6日(土)10時から11日(木)17時までで、各乗車券とも先着700名までです。

 乗車券とあわせて、記念グッズとして12200系をモチーフにしたピンバッジセット(税込2500円)とメタルキーホルダー(税込1600円)が、近鉄百貨店のネットショップで発売されます。こちらの販売数はそれぞれ1500個の予定です。

【了】

【画像】思い出の「新スナックカー」記念乗車券とグッズ

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント