北陸新幹線 7月から車いすスペースを4席へ増加 バリアフリー法改正を受け JR東日本

E7系電車の一部です。

車いすに座ったまま車窓を眺められるスペースも

Large 210310 entetsu 01
北陸新幹線を走るE7系(画像:写真AC)。

 JR東日本が2021年7月から、北陸新幹線を走るE7系電車の一部において、車いすスペースを4席へ増加します。

 設置箇所は7号車の金沢寄り。4席のうち、車いすに座ったまま車窓を眺められるスペースを2席設けます。

 今回の施策は、バリアフリー法に基づく「公共交通移動等円滑化基準の改正」(2021年7月施行)を受け、新幹線の新たなバリアフリー対策として導入が検討されてきたものです。

【了】

【画像】4席へ増える車いすスペース

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント