乗り間違えたら最後、数百キロ先の駅へ! 遠くまで止まらない列車

特急や快速などは途中の駅を通過することで所要時間を短くしていますが、各駅停車の列車に乗るつもりがうっかり特急に乗ってしまい、目的地の駅を通り過ぎるどころか、かなり遠いところまで降りられなくなる場合があります。このような乗り間違いを防ぐにはどうしたらいいでしょうか。

小田原に行くつもりが名古屋へ

 鉄道路線を走る列車は、普通列車など途中の全ての駅に停車する「各停列車」と、快速や急行、特急など一部の駅を通過する「速達列車」というように、停車駅の違いによってさまざまな種別があります。普通列車に乗るつもりが間違って快速に乗ってしまい、自分が降りるはずの駅を通過してしまったという経験のある人もいるでしょう。

Large 180830 norimachigae 01
東海道新幹線で「こだま」と「のぞみ」を乗り間違えると、神奈川の小田原で降りるはずが静岡の富士川を渡ってしまう羽目になる(画像:photolibrary)。

 これが数km程度ならいいのですが、乗り間違えるとかなり遠いところまで連れて行かれ、時間を大幅にロスしてしまうこともあります。

 JRの場合、東海道新幹線の新横浜~名古屋間は要注意です。東京駅から小田原駅に行こうと各停列車の「こだま」に乗ったつもりが、その列車は小田原駅を通過する速達列車の「のぞみ」。品川駅と新横浜駅の停車で間違いに気づかなければ、小田原から265.3km(実キロ)先の名古屋駅まで連れて行かれてしまいます。名古屋駅から小田原駅まで「ひかり」で戻るとすれば、少なくとも2時間程度のロスは避けられません。名古屋駅での乗り換え待ちも含めれば、到着時間がもっと遅くなることもあります。

 在来線も新幹線ほどではありませんが、乗り間違えて目的地より遠いところまで運ばれてしまうケースがあります。

 京都から日本海側の都市・敦賀に行く用事があり、京都駅を10時40分に発車する和倉温泉行き特急「サンダーバード15号」に乗ることに。余裕を持って10時過ぎに京都駅に到着したところ、ちょうど「15号」より一本前の「サンダーバード13号」がやってきました。これなら早めに着けると「13号」に乗り込みましたが、京都駅の次の停車駅は福井駅で、敦賀駅には停車しません。

 敦賀駅のホームが流れていく姿を窓から指をくわえて見るほかなく、福井駅で特急「しらさぎ8号」に乗り換えて敦賀駅に着いたのは、「15号」の敦賀着より38分遅い12時9分。距離にして片道54.0km、往復108.0kmも無駄に移動したことになります。

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail nd20170603 213813 02
  • Thumbnail 180830 norimachigae 01
  • Thumbnail 180830 norimachigae 02

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 昔秋田に行くとき乗ったこまち+やまびこは、大宮から仙台までノンストップだった。
    どうやら大宮から駆け込み乗車でこまち編成に乗ってしまったら、やまびこ編成に座席取ったのに降車する仙台まで座れないという悲劇を見た。
    長距離の移動には余裕持ってという原則を再認識した。

    • 「はやぶさ+こまち」だと今でも残念ながら同じ目に……(大宮仙台間とか仙台盛岡間とか)。

  2. 種別(列車愛称)が少なく、
    停車パターンが多いのは本当に悩む。

    闇雲に種別(愛称)を増やせないと言うのも理解出来るけど、
    静岡に停まるひかりは…どれ?
    とかね。
    なんか良い解決策はないかと…

    因みに数百とは行かないけど、
    名鉄も一見さん泣かせ。

    特別停車は理解出来るとして、
    特別通過しますとか、
    前4後2の6両で次の駅では後ろ2両扉開きません(貫通幌?ありませんよそんなの)とか…
    降りれないオチ

  3. 寝過しも似たような問題ですね。
    東海道新幹線で新大阪→名古屋、の場合、ちょっと寝てしまって気づいたら名古屋出発後。そうなると、次は新横浜まで強制連行だから、3時間は帰ってこれない…。まぁ本数は多いからいいのですが終電間際でやったら最悪ですね。

    新横浜→小田原や熱海や三島とかで「こだまorひかり」と「のぞみ」を乗り間違えてしまったら、名古屋まで連行ですが
    戻る新幹線でちょうどそれらの駅に停まる「ひかり」が来るかなんてわかりませんしね。
    (「ひかり」の停車駅は、「のぞみ」の停車駅+3駅程度)

    近鉄のアーバンライナーにも問題があり、鶴橋で間違えて乗ったら津だったり、なぜか奈良線の生駒だったとか。
    アーバンライナーが名阪乙特急や阪奈特急で使われることもあるため。