「フリーザ」と呼ばれた電車 「戦闘力」はいくつだったか?

マンガ『ドラゴンボール』のキャラクター「フリーザ」。その名前で呼ばれる電車がありました。485系「彩(いろどり)」です。「フリーザ」は高い戦闘力を持っていましたが、電車の「フリーザ」はどうだったのでしょうか。

普通の電車ではなかった「フリーザ」

「フリーザ」と呼ばれた電車があります。

 JR東日本の長野総合車両センターに所属していた、485系電車「彩(いろどり)」です。

「彩」は2007(平成19)年に、国鉄時代から一般的な特急列車に使われてきた485系電車を改造して誕生。ライトの形状や色といった「顔」が、マンガ『ドラゴンボール』のキャラクターである「フリーザ」を思わせるため、鉄道ファンから「フリーザ」と呼ばれていました。

Large 210318 freeza 01

拡大画像

「フリーザ」と呼ばれた485電車「彩」(画像:photolibrary)。

 電車の「フリーザ」は2017年に引退しましたが、その「戦闘力」はどうだったのでしょうか。

全対応の「フリーザ」

「フリーザ」は直流1500ボルト、交流20000ボルト50Hzと60Hzの3電源に対応。一般的なJR在来線が使用するすべての電気に対応しており、その電化区間(線路上空に架線がある区間)であれば、電気的にはどこでも走ることが可能。戦闘力が高い、とも言える。

意外性の「フリーザ」

「フリーザ」は、先頭車両の「顔」に備える愛称などを表示する装置に、なんと液晶ディスプレイを採用。旧来からの幕式やLED式ではない新しさ、意外性を備え、戦闘力が高い、とも言える。

楽しい「フリーザ」

「フリーザ」は、団体列車やイベント列車での使用を想定した「ジョイフルトレイン」に分類される車両。フルフラットになる簡易コンパートメント(個室)や、カラオケ機器を備えるフリースペースも用意されており、戦闘力が高い、とも言える。

安らぎの「フリーザ」

「フリーザ」は、車内にマッサージチェアを用意。乗客を癒したほか、冷蔵庫、電気ポット、女性専用トイレ、パウダールームの設置といった配慮もされており、戦闘力が高い、とも言える。

※ ※ ※

 このほかにも「フリーザ」の優れた能力はありますが、最後に、「フリーザ」は6両編成の全車がグリーン車で、気軽に近づける存在ではなかったことを付け加えておきます。

【了】

【写真】フリーザ様(※電車)の全貌をあばいてみた

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道を中心に、飛行機や船といった「乗りもの」全般やその旅について、取材や記事制作、写真撮影、書籍執筆などを手がける。日本の鉄道はJR線、私鉄線ともすべて乗車済み(完乗)。2級小型船舶免許所持。鉄道ライター/乗りものライター。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

3件のコメント

  1. くだらねぇ。たまにゃいいか。せめて数値化しろ。くだらなさが増す。

  2. 結局戦闘力が53万あったのかどうか、そこが重要だ。

  3. 昔工場見学で見たときは液晶じゃなくてプラズマだったけどなぁ
    勘違いか……