きっぷを買ったのに座れない! グリーン車「自由席」が満席だったらどうする?

JRの普通列車は普通車だけ連結されていることがほとんどですが、関東では自由席のグリーン車を連結した普通列車が多数運転されています。あらかじめグリーン券を購入して乗ってみたら満席だった場合、グリーン料金は返金されるのでしょうか。

関東で多数運転「グリーン車付き」普通列車

 JRの旅客車両は、大きく分けるとグレードの低い「普通車」と、グレードが高い特別車両「グリーン車」の2種類あります。

Large 180528 greencarfree 01
関東のJR線ではグリーン車が連結されて普通列車が多数運転されている(2015年6月、草町義和撮影)。

 グリーン車は特急列車や、利用者の多い時期などに運転される臨時の急行列車に連結されていることが多く、そのほとんどは予約しないと利用できない指定席。これに対して快速を含む普通列車は普通車の自由席のみ連結されていることが多く、グリーン車はほとんど連結されていません。

 ただ、関東エリアの東海道線、高崎線、宇都宮線、常磐線(快速)、横須賀・総武快速線などでは、普通車とグリーン車の両方を連結した普通列車や快速列車が多数運転されています。座席はテーブル付きのリクライニングシート。ロングシートや4人掛けボックスシートの普通車よりも快適に過ごすことができます。

 たとえば、「いつもは普通車を使っているけど、今朝は疲れているから楽をして会社に向かいたい」「ノートパソコンを広げて仕事の資料を作成したい」といったときなどに重宝します。現在は普通車自由席しか連結されていない中央線(快速)でも、2023年度末にはグリーン車が連結される予定です。

 これらの普通列車や快速列車に連結されているグリーン車は自由席。利用する場合は普通列車用の自由席グリーン券を購入する必要があります。あらかじめ席を予約することができないため、グリーン券を購入しても満席で座れないことがあります。

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180528 greencarfree 03
  • Thumbnail 180528 greencarfree 01
  • Thumbnail 180528 greencarfree 02

関連記事

最新記事

コメント

10件のコメント

  1. そもそも、グリーン車の事前購入によるスイカやパスモなどによる、いわゆるチャージシステムが間違いであると思います。このシステムを導入直後から似たような話が出ている傾向です。様々な要因はあるが、このシステム変更をした当時、スイカなどのガードが普及されはじめて、乗客の利便性向上を第一に、グリーン料金の立ち席料金が廃止され、前払い制が導入されるきっかけでした。
    しかし、実態は遥かにかけ離れ、乗務員の作業効率の簡素化や、JR東日本による営利目的 であったと言わざるを得ません。結局立ち席で利用したお客様は、到着駅などでの払い戻しを受ける必要があり、立ち席で利用するお客様には、アテンダントや車掌などによる料金を払う説明があるが、払い戻しにつての詳しい説明は皆無と言っていい状況である。これでは、折角グリーン料金を支払い、乗車したお客様が払い戻しも受けられず、しかも立ち席で泣き寝入り状況になり兼ねず、これは、お客様第一であるサービス会社においては、あってはならない事と思うのは、私だけでしょうか。
    つまり、グリーン車システムは、以前のようなシステムと似たようなシステムに早急に、改革しなくてはならないと思います。

  2. あのね、グリーン車ってのはねたかだか数百円が高いとか、座れるとか座れないとかそういうちんけな事を気にする人が乗るもんじゃ無いんだよ。
    そもそも空間利用料金であって着席料金じゃ無いんだよ。

    • まったくその通りですよね!
      あくまでもグリーン車車内に立ち入る為の料金。座席に座れる料金ではありません!
      座れる事まで必要なら別途指定席料金分を加算させるべくチョット値上げが必要ですネ。もちろん立席での乗車は完全不可として!自分はその方がありがたいが。

  3. 自由席にする事自体、グリーン車として間違っていると思います。
    グリーン車を指定席にすれば立ち席料金取らない事が出来ると思いますよ。

    • グリーン車の指定席制採用は一理あり。
      いちいち空席どこかいな?と探すこともないし、ごく一部の輩に見受けられるが、満席状態なのに2席以上占拠して涼しい顔しているクソゴミを排除するためにも効果がある。
      (逆に、個々が心得ていれば、必ずしも必要はない。)

      将来的には、出入口と他号車から入る際に、その列車のグリーン指定席情報が読み込まれたICをタッチしないとグリーン客室内に入れないようにしたい。
      乗り換えの場合は、面倒だが乗り換え駅のグリーン券情報発売機(?)で再度乗り換え列車の指定を行う。ただし、グリーン車利用開始駅で料金は控除済みなので、新たに料金が課されることはない。また、スマホの場合は勿論、手元操作で乗り換え列車の指定が取れることになる。

      別件たが、これを機に、普通列車の指定席グリーン車への18きっぷでの乗車を認める。
      そうせざるを得ないからだ。

  4. その点Uシートってすごいよな
    どこまで乗っても一律520円で必ず座れるもん
    やっぱJR北海道は神だわ

    • 一部の普通列車で走らせてる特急車両キハ185系を運用してるJR四国は神を超える存在なんですね(笑)
      まぁ普通車自由席グリーンは特急車のハザ(普通車)と一緒なんで(昔上越新幹線開業などで運用が無くなったロザ(特急車グリーン)を転用した時は「座席少なくて意味ネー」であっさり無くなった)、キハ185系普通は関東の常識から言えばオールグリーンと一緒ですよ。

      なおリクライニング機構は殺されてるけど(笑)

  5. 区間限定で指定席が必要です。特に朝ラッシュ、夕方ラッシュは指定席、立ち席なら自由席。

  6. この問題点を解決するにはまずはグリーン車としての料金システムの制約を取り払う必要がある。
    元々は等級制運賃を廃止する際に追加料金として設定されるものの、指定席や特急料金とは異なり、あくまで「等級.身分」を区別する意味合いの料金だった。
    若い方は知らないかもしれないが、平成元年に消費税が導入される前はグリーン車とA寝台の料金には通行税が10%含まれていた。
    通行税については時代によって意義が異なるが、戦後は専ら贅沢品の意味合いが強い。
    何故、特急は指定席なのに、普通は自由席なのか。答えは、簡単。当時はグリーン車設定の特急に自由席が無かった。
    要は、国鉄時代の料金システムやグリーン車の意味合いを引きずっている内に今に至るものと考える。
    いずれ、制度の改訂が必要になるだろう。

  7. 確かに座席定員でもないので立入料金なんでしょうね
    しかしながら2階建てグリーン車の定員分布がどんなもんか知りたいですね、階段も立ち席として認められているのか?
    本当はこの辺りが肝心なんですけどね