レクサス新EV世界初公開 スピンドルグリル→スピンドルボディに! 電動化へ本腰

EV・PHV・HVなど集中投下していきます!

2025年には電動車>ガソリン車に

Large 210330 lexus 01

拡大画像

レクサス「LF-Z Electrified」(画像:レクサス)。

 レクサスは2021年3月30日(火)、SUV型のEV(電気自動車)コンセプトカー「LF-Z Electrified」を世界初公開するとともに、ブランド変革に向けた取り組みを発表しました。

「LF-Z Electrified」は、2025年までに実現を見据えた走りやデザイン、先進技術を織り込んだというコンセプトカー、つまり、近い将来像を具現化したものです。

 EV専用プラットフォームを採用しているほか、エクステリアでレクサスの特徴である「スピンドルグリル」を、グリルではなくボディそのもの「スピンドルボディ」として表現しているそうです。高度かつ自由度の高い運動性能を実現するという新たな四輪駆動力制御技術「DIRECT4」や、インテリアには「Tazuna Cockpit」と呼ばれる新設計も採用しています。

 また、ドライバーとの対話を通じて嗜好や行動特性を学習したAIが、ライフスタイルコンシェルジュとしてルート案内やレストランの予約などを行うそうです。

 また今回、2025年までに世界で10以上のEV、PHV、HVといった電動車を含む、約20車種の新型や改良モデルを投入することも明らかにされました。2025年には全車種に電動車を設定し、電動車の販売比率がガソリンエンジン車の比率を上回ることを目指すといいます。

【了】

【フロントボディが何かブルブルしているレクサス新EVを写真で!】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. フロントデザイン、GPUが熱暴走して崩れた画像みたいになっててキモいな・・・

  2. 日本企業は確実に EV 参戦に乗り遅れた。たとえ EV が二酸化炭素削減に寄与しないとしても世界のトレンドに乗り遅れたことは大きい。軽自動車は EV に置き換えられてしまうだろうし日本の自動車産業は統廃合を余儀なくされるだろう