午後から終列車まで有効のフリーきっぷ 期間限定で発売 大井川鐵道

金谷~千頭間を往復するだけでも元が取れます。

午後の普通列車のみ乗車可能

 大井川鐵道は、2021年4月6日(火)から「大井川本線 午後からゆるたびフリーきっぷ」(通称:ごごゆるきっぷ)を期間限定で発売します。

Large 210405 oigawa 01

拡大画像

大井川本線の普通列車に使用される元南海電鉄の21000系電車(画像:大井川鐵道)。

「大井川本線 午後からゆるたびフリーきっぷ」は、午後から終列車までの大井川本線の普通列車が乗り降り自由となるきっぷ。乗車日当日の正午以降に大井川鐵道の金谷駅と新金谷駅で発売します(金谷駅は16時55分まで)。

 有効区間は大井川本線の金谷~千頭間。購入当日のみ有効です。乗車が可能となるのは金谷駅12時19分発、新金谷駅12時24分発の千頭行き以降の普通列車のみ。SL・EL列車、「きかんしゃトーマス号」に乗車する際は乗車区間の運賃と料金が必要となります。

 発売額は大人2000円、小人1000円。発売期間は10月29日(金)までです。同社のウェブサイトでは、このフリーきっぷを使ったモデルコースを紹介しています。

【了】

【写真】大井川を渡る元小田急のロマンスカー

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント