宗谷本線・東風連駅が改称で「名寄高校駅」に 北に1.6km移設 2022年春

駅ひとつ分ほど北に移動します。

高校生の通学利便性向上へ

Large 210408 nayoro 01

拡大画像

移設と改称が決まった東風連駅(乗りものニュース編集部撮影)。

 JR北海道は2021年4月8日(木)、名寄市にある宗谷本線の東風連駅について、2022年春に「名寄高校駅」に改称し、現在より約1.6km北側へ移設することを発表しました。

 これは名寄市からの要望を受けたもので、名寄高校の通学の利便性向上が目的です。移設にかかる費用は名寄市が負担するとのことです。今回の移設により、駅と名寄高校の距離は約200mに近づきます。

 名寄高校駅は、現在の東風連駅と同じ1面1線の無人駅ですが、スロープが新たに設けられます。
 
【了】
※一部修正しました(4月8日14時40分)。

【「名寄高校駅」の場所】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. キャプションの「駅ひとつ分ほど北に移動」がなにを基準にしているのかよくわかりませんが…
    1.6kmが駅一つ分というのは3大都市圏の鉄道くらいでは?