隣の駅までわずか200m! 「日本一短い駅間」なぜ生まれた? 国道も関係

鉄道で日本一短い駅間は、わずか200mしかありません(路面電車を除く)。所要時間はたった45秒。なぜこれほど短い間隔で駅が設置されたのでしょうか。

「日本一短い駅間」ができたのは、「日本一長い商店街」のため!?

わずか200mの「日本一短い鉄道の駅間」。発車直後に「まもなく~」(1分21秒)。

 鉄道(路面電車を除く)における「日本一短い駅間」が、長崎県佐世保市に存在します。松浦鉄道の中佐世保~佐世保中央間です。

171116 matsura 01
佐世保中央駅のホーム(2017年10月、恵 知仁撮影)。

 中佐世保駅を発車すると、すぐさま「まもなく、佐世保中央、佐世保中央です」と到着アナウンスが流れ、佐世保中央駅に到着します。ダイヤ上の所要時間は45秒、距離は200mです。なぜこれほど短い駅間が誕生したのでしょうか。

 この「日本一短い駅間」には、佐世保中央駅付近にある「日本一長い商店街」が関係しています。全長960mにおよぶ「四ヶ町商店街」で、切れ目なく直線につながったアーケード街としては日本一の長さとされています。

「中佐世保駅は昔からありましたが、ここから商店街へ行くには、大きな国道を横断する必要があります。そこで『商店街直結の駅を造ってほしい』という地元の声を受け、当社で佐世保中央駅を新設しました。付近には病院やショッピングセンターもあり、駅を新設すれば利用者が見込めると当時、判断したのでしょう」(松浦鉄道)

 佐世保中央駅は、商店街から脇道に入り30mほどのところに位置。朝の通勤・通学時から終列車まで、時間を問わず利用者が多いそうです。

171116 matsura 02 171116 matsura 03 171116 matsura 04
佐世保中央駅。商店街に面したビルの裏手にある。
中佐世保駅。階段を上がったところがホーム。
四ヶ町商店街。奥の路地をゆくと佐世保中央駅がある。

 松浦鉄道は、JR松浦線を継承して誕生した第三セクター鉄道で、1988(昭和63)年に開業して以後、この佐世保中央を含め駅を次々と新設しました。

「利便性を高めるべく、地元の声を受けて駅を増やしていきました」(松浦鉄道)

 駅の数は、発足時の32が約1.8倍の57に。こうした駅の新設や列車の増発により、開業から8年で利用者は1.5倍に増加したそうです。

 ちなみに、路面電車の停留場を含めた「日本一短い駅間」は、とさでん交通後免線の清和学園前~一条橋間(高知市)で、わずか63mです。また路面電車(軌道線)ではない、松浦鉄道と同じ「鉄道線」としては、筑豊電気鉄道の黒崎駅前~西黒崎間(北九州市八幡西区)も駅間が200mですが、こちらは路面電車タイプの車両で運行されています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(5枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171116 matsura 05
  • Thumbnail 171116 matsura 01
  • Thumbnail 171116 matsura 02
  • Thumbnail 171116 matsura 03
  • Thumbnail 171116 matsura 04

関連記事

最新記事

コメント

6件のコメント

  1. 東急池上線の五反田-大崎広小路もたいがいだなw
    元々の終点が大崎広小路で、その後山手線へのアクセスが認められて五反田に延長したと聞いたが。

  2. 京急の新馬場駅は北馬場駅と南馬場駅の駅間そのものを一つにまとめた、と聞いたが。

  3. これは、15両編成対応のホームを作ったら癒合してしまう距離だな

  4. 日本一長い商店街は大阪の天神橋筋商店街ではないでしょうか。
    天神橋一丁目から天神橋六丁目まで南北2.6 kmあります。

    • 正確には「日本一長いアーケードの直線距離」で1位ですね。ちなみにアーケードの総延長だと香川の高松中央商店街が2.7kmで1位になります。

  5. 日本一短いのに、隣の駅が見えないというのも有名な話。