なぜ「住む」は不自由か?「回遊しながら住む」という選択肢を提案する東急の狙い

東急が、定額ホテル暮らしの先行体験を開始。コロナ禍で落ちた稼働率の対策ではなく、元はコロナ禍以前から存在した企画で、「住」の不自由を改善する新しいライププランの提案であることに注目です。

似て非なるホテル暮らしプラン

 東急が60泊36万円、30泊18万円(1泊あたり6000円、税込み)で「ホテル暮らし」ができるサービス「tsugi tsugi(ツギツギ)」の先行体験を、2021年4月29日(木・祝)から開始します。

Large 210409 tsugitsugi 01

拡大画像

渋谷の街を一望できる渋谷ストリームエクセルホテル東急も対象施設(2021年4月9日、恵 知仁撮影)。

 コロナ禍による需要低迷を受け、ホテル暮らしプランの提供が帝国ホテルやニューオータニなどで行われていますが、東急の「tsugi tsugi」は似て非なるものです。

「tsugi tsugi」は、「『ただいま』と帰る場所をツギツギと巡る、旅するような暮らし方」がコンセプト。東急グループのホテルが全国に存在することを活用する形で、旅するように、気分や都合によって、毎日好きな場所を「家」にしてもらおうというものです。

 渋谷エクセルホテル東急といった都市部のホテルほか、宮古島東急ホテル&リゾーツなどのリゾートホテルも含めて、全国39の施設をその定額料金で利用可能(土休日やGWでも追加料金なし)。同伴者は1名まで無料で、食事などが優待割引料金になります。

「旅するように」というのも、一般的なホテル暮らしプランと異なるところですが、そもそも「tsugi tsugi」はコロナ禍以前に、元となる企画が提案されていました。

【地図】北海道から沖縄まで「tsugi tsugi」で利用できる全国のホテル

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント