東急で「定期客向けサブスク」試行 電源・傘・花・小型乗り物ほかパック 5・6月無料

東急のPASMO定期券を持っていれば、「ついつい」使えます。

3ヶ月の「お試し」サブスク

Large 210413 tokyu 01

拡大画像

サブスクで利用できる色々なサービス(画像:東急)。

 東急は2021年4月14日(水)、レンタル傘やモバイルバッテリー使い放題などのサービスがパックになった、定期券利用客向けの新たなサブスク「TuyTuy」(ツイツイ)を、5月12日(木)から7月31日(水)まで試行することを発表しました。

 このサービスの対象となるのは、東急線を利用区間に含むPASMO定期券の利用客で、5月と6月は無料で、7月は月額税込み500円で利用できます。利用できるサービスは以下のとおり。

・モバイルバッテリーレンタル「充レン」
LINEで利用した場合、期間中何度でも使い放題となります。

・電動マイクロモビリティシェア「LUUP」
電動キックボードや電動アシスト小型自転車などの電動小型モビリティが、月に5回まで利用可能となります(1回の利用で30分まで)。

・傘シェア「アイカサ」
期間中何度でも使い放題となります。同時に2本まで利用でき、利用時間に制限はありません。

・パンの定期便「パンスク」
毎月全国のパン屋から選ばれたパンが届くサービスです。初回利用が1000円引きになります。

・花の定額サービス「ハナノヒ」
初回登録時に1回1本、6回まで店舗受け取りが可能になります(クーポンは6月のみ発行)。

・TuyTuyワンデーパスの配布
東急線の全線で利用できる一日乗車券です。不定期に配信されます。

 サブスク「TuyTuy」の利用には、LINEにて「TuyTuy」公式LINEアカウントから会員登録が必要です。

 東急では、実証実験中のサービス「DENTO」とともに、他業態の連携を進めて新たな付加価値の開発を図っていくとしています。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント