「SUNQパス」デジタル化 スマホひとつで九州の高速バス乗り放題 「my route」で販売

これぞMaaS!? コスパ最強パスついにデジタル化!

MaaSアプリ「my route」にSUNQパス登場!

Large 210421 sunq 01

拡大画像

「my route」で販売するデジタル版「SUNQパス」の券面イメージ(画像:SUNQパス運営委員会)。

 九州・山口のバスや船舶事業者が加盟するSUNQパス運営協会は2021年4月21日(水)、「SUNQ(サンキュー)パス」をMaaSアプリ「my route」にて26日(月)から販売すると発表しました。

 SUNQパスは九州および山口の高速バスや船などの乗り放題パスで、たとえば「全九州+下関4日間」1万4000円、「北部九州+下関3日間」8000円などの4種類が紙のパスで販売されています(一部対象外路線あり)。バスファンからは「コスパ最強」の呼び声があるほか、海外での販売実績もあります。

 これらが今回、「my route」で購入できるようになり、券面が表示されたスマートフォンの画面をバス乗務員に見せるなどして乗車が可能になるほか、出発地から到着地までの経路や時刻案内もできるということです。

「SUNQパス」で利用可能なバス路線は約2400本にのぼります。運営委員会は「新型コロナウイルスの影響により、高速バス利用者が減少している中、『my route』においてSUNQパスを新たに発売することで、より多くのお客さまにご利用頂きたいと考えております」とし、今後も利用可能路線の拡大やキャンペーンなどを通じて、九州観光の発展に寄与するとしています。

 ちなみに「my route」はトヨタが開発したアプリで、九州では西鉄などとともに対象エリアを拡大してきました。経路検索機能のほか、電車やバスのフリー乗車券販売や、タクシーの配車・決済、カーシェアやサイクルシェアの予約決済、店舗やイベント情報の検索機能などを有します。

【了】

【高速バス乗り放題で良コスパ!】4種類のSUNQパス

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. もう、自社系列に顧客を囲いこむためのツールだとはいわせません。

  2. ありがとうございます。自分もこのパスを使ったことがあります。デジタル版になってからは更に使い勝手が良く、座席指定タイプの便に乗る際にわざわざ確保券(座席指定席)を窓口で発行してもらう手間が省けて、スマホ上で全て完結してしまうので、九州島内の旅行では重宝します。特にコロナ禍の中、接触機会の削減や、今やなんでもオンラインの時代でもありますから、尚更であります。ただ、かつて利用できた九州島内完結の夜行バス(全九州版のみ)は、現在では、やはりコロナ禍の影響で全て全滅つまり廃止になってしまったので残念に思います。すべて当面運休(この時点で当面である事から廃止前提)から正式に廃止(つまり当面以降を正式化決定)になったので、もう九州島内の夜行バスは二度と未来永劫に復活しないと思いますが、当パスは引き続き九州島内の旅行では利用したいと思います。