新聞配達網をフードデリバリーに活用 読売新聞販売店がマクドナルドのデリバリー受託

まず首都圏などから始まります。

順次 全国に展開予定

 日本マクドナルドと読売新聞グループ本社が2021年4月28日(水)、読売新聞の販売店でマクドナルドのデリバリーサービス(マックデリバリー)を受託すると発表しました。読売新聞の販売店が、全国で組織的にフードデリバリーを受託するのは今回が初めてです。

Large 210428 mac 01
マックデリバリー受託のイメージ。

 読売新聞の販売店は全国に約6700店が存在。マクドナルドのデリバリーサービスを、配達網を持ち地域を知っている読売新聞の販売店が担うことで、より多くの利用者に安心して、安全にマクドナルドの食事を楽しんでもらえるといいます。

 すでに首都圏や兵庫県の一部店舗で先行してサービスが行われており、迅速な配達などが好評を得たとのこと。

 この4月から東京都、神奈川県、埼玉県、大阪府、兵庫県、広島県、福岡県、大分県、鹿児島県のマクドナルドおよそ70店舗で読売新聞販売店との連携が開始され、今後順次、全国に展開される予定です。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 国民は痛みを!なんて増税煽っておいて自分らには軽減税率要求した連中が朝早く(と言うか夜中)から雨の日も風の日も雪の日もヒイヒイ言いながら配ってる配達員を使い倒してやろうと言う魂胆かな。
    どうせ右から左へ仕事投げるだけの本社が手数料として大部分ポケットに入れるんじゃないの。