ゴツめのファットバイクっぽいEV原付登場 バッテリー大容量 自転車にもなる

無骨な感じしますね~。

太いバッテリーで航続距離50kmいけます!

Large 210108 fat 01

拡大画像

コスウエルスマートEV(画像:Acalie)。

 ベンチャー企業のAcalie(名古屋市)は2021年1月8日(金)、3WAY電動バイク「COSWHEEL(コスウエル)スマートEV」を発表しました。翌9日(土)からクラウドファンディングサイト「Makuake」にて先行発売します。

 コスウエルスマートEVは電動バイクとしても、ペダルを漕いで自転車としても、その両方を組み合わせたハイブリッド走行が可能。太めのフレームに収納されるバッテリーも、一般的なEV原付より大容量で、満充電にて約30~50km走行できるそうです。航続距離70kmを超える28Ah超大容量バッテリーも構想中とのこと。

 また太めの4インチタイヤで、コントロール性と安定感を兼ね備えている一方で、ホイールは20インチと小ぶりなため、小回りも利くとのこと。路面からの衝撃や振動をサスペンションで吸収し、起伏の激しい路面でも、乗り心地や操縦安定性を確保しているといいます。

 Acalieは2017年に同様のEV原付「RICHBIT」を発売していますが、より遠距離走行可能な電動バイクを模索してきたといいます。また同社は今回、電動キックボード「コスウエルEVスクーター」も同時発表しています。こちらは椅子付きの電動キックボードで、立ち乗りと座り乗りの2WAYタイプだそうです。

【了】

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. テレ東で出川氏一行が乗っているような電動原チャリをなぜ普及させないのですかね?