フランス軍の強襲揚陸艦&フリゲートが佐世保に入港 日米仏共同訓練への参加が目的

北朝鮮船舶の「瀬取り」に関する警戒監視も実施しています。

排水量2万トン超えのフランス艦が来日

 フランス海軍の軍艦2隻が2021年5月9日(日)、長崎県の佐世保に入港しました。来日したのは強襲揚陸艦「トネール」とフリゲート「シュルクーフ」で、目的は物資の補給ならびに、5月11日(火)から始まる日米仏3か国共同訓練に参加するフランス陸軍の輸送などとしています。

Large 210510 frenchnavy 01

拡大画像

佐世保港の岸壁に接舷したフリゲート「シュルクーフ」(右手前)と強襲揚陸艦「トネール」(2021年5月9日、伊藤洋平撮影)。

「トネール」は、ミストラル級強襲揚陸艦の2番艦で、満載排水量は約2万2000トン、全長約200mあり、乗員数は約170名。揚陸兵員を約450名、車両約60両、ヘリコプターは16機程度運べます。

「シュルクーフ」は、ラファイエット級フリゲートの2番艦で、満載排水量は約3600トン、全長は約125mで、乗員数は約150名。100mm単装砲1基のほか、20mm機関砲2基、対艦ミサイル発射機ならびに対空ミサイル発射機などを装備し、哨戒ヘリコプター1機の運用能力も有しています。

 なお、日米仏共同訓練は今月17日(月)まで行われる予定です。

【了】

【写真】佐世保港に姿を見せた2隻のフランス軍艦

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. なぜ佐世保には強襲上陸感が集まるのか?