ステルス機まる見え!? ウワサの中国最新駆逐艦搭載レーダー 対抗策のカギは…F-15J?

昨今の艦載レーダーはステルス性能の高い目標も補足できつつあるようで、中国の駆逐艦にも搭載されているそうです。その対抗策のひとつとして、まさかの非ステルス機F-15J将来改修型の活用も考えられるとか。どういうことでしょうか。

ついに登場か 「ステルス破り」の中国艦

 イギリスの新聞デイリーメールは2020年10月14日(水)、中国の国営テレビ局であるCCTV(中国中央電視台)の報道を引用する形で、中国海軍の最新鋭防空ミサイル駆逐艦「055型」が、ステルス性能の高い目標を補足できる能力を備えていると報じました。

Large 201027 055 01

拡大画像

「ステルス破り」への対抗策になるか、長射程対艦ミサイルを発射するF-15のイメージCG(画像:ボーイング)。

 中国海軍は2010年代初頭から、052D型(昆明級)防空ミサイル駆逐艦の大量建造を進めています。この052D型がアメリカ海軍のアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦(満載排水量9033トン)や海上自衛隊のまや型ミサイル護衛艦(推定満載排水量1万0250トン)といった、日米のイージス戦闘システムを搭載する水上戦闘艦より小型(推定満載排水量7000トン)であるのに対し、055型の満載排水量は、第2次世界大戦中に日本海軍が運用していた利根型重巡洋艦に匹敵する1万3000トン程度と見込まれており、2017年にアメリカ国防総省が発表した年次報告書では、駆逐艦ではなくより大型の巡洋艦に分類されていました。

 055型ミサイル駆逐艦は艦のサイズが大きいぶん兵装も強力で、「セル」と呼ばれるミサイルの保管容器と発射筒を兼ねるケースの数は、アーレイ・バーク級の90セル、まや型の96セルを上回る112セルに達しています。

 2020年10月の時点で055型は6隻の建造が確認されており、1番艦「南昌」は2020年1月12日に就役しています。中国海軍が055型をどのように運用するかは今後の推移を見る必要がありますが、海外の主要メディアの多くは空母打撃群の防空中枢艦となるのではないかと推測しています。

【画像】「イーグル」は更なる高みへ F-15J「ジャパニーズ・スーパー・インターセプター」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. まあモザイク破るぐらいだしな