「青春18」静岡区間などが変わる!JR東海の新型電車「315系」詳細明らかに 快適性UP

JR東海が2021年度から投入予定の新車、新情報です!

国内初のAI冷房です

 JR東海が2021年5月18日(火)、在来線の新しい通勤形電車「315系」について、インテリアデザインと車内設備を明らかにしました。

 インテリアデザインコンセプトは「優しく安心感のある快適な移動空間」。バリアフリーとセキュリティーの充実、座り心地の向上などが特徴です。

Large 210518 315 01
JR東海の315系電車(画像:JR東海)。

 特に注目なのは、国内初というAIによる冷房の自動学習・制御最適化機能。全車両の温度・湿度・乗車率などのデータを地上のサーバへ送信し、サーバ内のAIにより最適化した冷房制御を実現するといいます。

 また、冷房装置の動作状態を車両から車両基地などへ常時送信することで、故障を予兆段階で把握し、迅速なメンテナンスを行うことにより、故障の未然防止を図るとのこと。冷房能力自体も、既存の211系とくらべ約3割向上しているそうです。

 以下に315系の主なポイントを挙げます。

・全車両に車椅子スペース、全編成に車椅子対応トイレを設置。
・車両床面の高さを低くし、乗降口の車両端部をホーム側に傾斜することで、車両と
ホームの段差を縮小。
・フルカラー液晶ディスプレイの車内表示器を設置。
・車内防犯カメラを1両につき5箇所、非常通話装置を1両につき3箇所設置。
・1人あたりの座席幅を1cm拡大(211系比)。
・透明ガラスを上部に採用した大型袖仕切りを座席端部に設置。
・赤外線・紫外線を99%カットする遮熱・遮光ガラスを導入(カーテンを不要に)。

 315系は、2021年度から名古屋・静岡都市圏を中心に、中央本線、東海道本線、関西本線等に順次投入される計画です。

【了】

【比較表】新型「315系電車」の性能を見る 現在走る電車とはだいぶ違うのです

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

4件のコメント

  1. やったぜい

  2. オールロングシートが快適なはずがない。

  3. オールロングが快適でないというのは無職か定職についていない暇人くらいだ。

    通勤、通学にはオールロングの方が快適。
    通路でつまらないから遅れないし、乗り降りもしやすいし。

    当たり前のことをきちんとやってサービス向上だと感じていますね。

  4. 313系姉妹車?のキハ25のロングシートで3時間乗り通したけど、お尻は痛くならないし、厚みもあって良い座り心地でしたよ?