外泊したら家賃を値引き 部屋はその間ホテルに 東急・Unitoが多拠点生活者向け賃貸【Merkmal】

東急とUnitoが、多拠点生活者向けのサービスアパートメント「Re-rent Residence渋谷」の賃貸を開始する。入居者が外泊するときは家賃がかからず、代わりにホテルの部屋として貸し出すのが特徴だ。

入居者が帰らない日はホテルの部屋に

Large 210521 tqrerent 01

拡大画像

賃貸物件「WORKルーム」のイメージ(画像:東急)。

 東急と、宿泊施設経営などをUnitoは2021年5月20日(木)、入居者が家に帰らない日は家賃がかからない多拠点生活者向けのサービスアパートメント「Re-rent Residence(リレントレジデンス)渋谷」について、6月25日(金)から賃貸を開始すると発表した。

 物件は東京都渋谷区三丁目で、金王八幡宮に近接する渋谷駅徒歩3分の場所。6部屋が対象で、専有面積は1部屋あたり34~37平方メートルだ。東急が所有し、Unitoが運営する。

 家具、家電、ベッド、ソファ付きで、バーカウンターや80インチの大型プロジェクターを備えたホームシアターがあったり、リモートワーク向けに高品質オフィスチェアなどが備わっていたりと、部屋ごとにコンセプトが設定されている。

 入居者は外泊日の3日前までにアプリ上で申請すると、一定金額の家賃が減額される。外泊日に運営スタッフが部屋を清掃し、ホテルとして貸し出す。宿泊者は通常のホテル同様に宿泊ができる。その間、入居者の所有物は鍵付きの収納に保管される。家賃は宿泊者がいてもいなくても減額される。

 この「リレント」は月15日まで可能。例えば1か月の基本料金が19万2000円で、上限いっぱいの15日外泊すると、6000円×15泊分が割り引かれ、実際の家賃は10万2000円となる。

 最短1か月から入居可能で、敷金・礼金・更新料は不要。ただし初期費用と、毎月の共益費8000円、WiFi使用料1万5000円は請求される。

 賃貸開始に向け、現在は入居希望者の募集が行われている。

【了】

提供:Merkmal
「Merkmal(メルクマール)」とは……「交通・運輸・モビリティ産業で働く人やこの業界へ進出したい人が、明日に役立つ気づきを得られるニュースサイト」として発足しました。MaaS、CASE、環境への対応、自動運転技術など、変革著しい交通・運輸・モビリティ産業にまつわる最新ビジネス情報を独自の視点で発信しています。

【画像】賃貸「CHILLルーム」のイメージ

Writer: Merkmal編集部

「Merkmal(メルクマール)」は「交通・運輸・モビリティ産業で働く人やこの業界へ進出したい人が、明日に役立つ気づきを得られるニュースサイト」として発足しました。MaaS、CASE、環境への対応、自動運転技術など、変革著しい交通・運輸・モビリティ産業にまつわる最新ビジネス情報を独自の視点で発信しています。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント