「買えないGRヤリス」サブスク専用車登場 基本性能の随時アップデート提供

買うか、KINTOか←買えません!

ソフトウェアを「パーソナライズ」するGRヤリス

 トヨタならびにトヨタ車のサブスクリプションサービスを展開するKINTOは2021年6月7日(月)、KINTOにて新商品「GRヤリス“モリゾウセレクション”」の取扱いを開始しました。

Large 210607 yaris 01

拡大画像

サブスク専用車「GRヤリス“モリゾウセレクション”」(画像:トヨタ)。

 KINTO専用車となる「モリゾウセレクション」についてトヨタは、「レース現場での『アップデート/パーソナライズ』と『KINTO』という2つを組み合わせ、クルマをお届けした後にも、最新のソフトウェアを反映し、お客様に寄り添って進化させていくことに挑戦します」としています。

 具体的には、技術革新に合わせて最新のソフトウェアを反映し、クルマの「走る」「曲がる」「止まる」の基本性能を最適化するといった「タイムリーなアップデート」を2022年春以降に実施していくとのこと。その費用はKINTOの月額利用料に含むといいます(一部有料メニューあり)。また、利用者の走行データをもとにソフトウェアをカスタマイズし、「『人』に寄り添ったクルマの進化を目指す」としています。

 いわゆる「売り切り型」ではなく、「売ってからがスタート」の考えのもと、クルマを届けた後も、付加価値を継続的に提供していくそうです。

「GRヤリス“モリゾウセレクション”」は月々5万4340円~(利用期間3年、ボーナス加算6回)。このモデルの契約期間は3年のみで、購入・買取・延長は不可となっています。トヨタは今回のサービスにより、クルマの「進化」をタイムリーに顧客へ届けるといいます。

【了】

【フツーに欲しいけど…】サブスク専用GRヤリスを写真でチェック!

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント