地元の声で存続、都内唯一となった「屋上観覧車」に乗る 遠くまで見えるのには理由が

昭和レトロなデパート屋上の遊園地が数を減らし、なかでも「屋上観覧車」は東京都内でただ一つを残すのみとなりました。地元の思いで廃止の危機を乗り越えた観覧車から見える景色には、ここならではの特徴もあります。

地元でおよそ50年愛されてきた屋上観覧車

 昭和の時代から続いた各地の遊園地が数を減らしています。それはデパートなどの屋上の小さな遊園地も同様。ビルの再開発や施設リニューアルなどが理由です。なかでも「屋上観覧車」は、2021年現在、東京都内ではただ一つを残すのみとなりました。

 その都内唯一の観覧車があるのが、東急蒲田駅の駅ビルでもある「東急プラザ蒲田」です。ビルの屋上、青い空と緑に囲まれた屋上遊園地「かまたえん」は、1968(昭和43)年の開業から、地元のランドマークとして多くの親子連れが訪れる人気スポットとなっています。そのシンボルとなってきたのが屋上観覧車です。

Large 210622 kamata 01

拡大画像

幸せの観覧車(吉原あさお撮影)。

 初代の「お城観覧車」から始まり、1989(平成元)年からは2代目の「グレ太の観覧車 フラワーホイール」が稼働してきました。2014(平成26)年3月にデパートのリニューアルで一時閉鎖の危機もあったそうですが、地元の人々から存続を望む声を受け、同年10月に「幸せの観覧車」という名前で復活したそうです。

 高さはおよそ10m。4人乗りのゴンドラが9台あり、赤、青、黄、緑…などのレインボーカラーで彩られています。料金は1周300円です。中に入ると格子のついた小窓から遊園地を一望でき、1周およそ3分半の旅が始まります。

【昭和の思い出「屋上観覧車」からの景色】

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 埼玉県川越市にも2019年までありましたね。その下の丸広百貨店は今も盛業中ですが。

    • これも確かに乗りものではありますね…