地元の声で存続、都内唯一となった「屋上観覧車」に乗る 遠くまで見えるのには理由が

「幸せの観覧車」から見える景色は?

「幸せの観覧車」からは、青い空、京浜東北線などの線路、そして少し昭和の雰囲気も感じさせる蒲田の街並が広がっています。羽田空港が近い蒲田は高層ビルが少ないため、遠くの風景まで見られるのも特徴。スタッフの方によると、霧が掛かっていないときにはビルの向こう側に、富士山など美しい山々の景色が楽しめるということでした。特に空気の澄んだ冬場がオススメだそうです。

 夕日が見られるかも聞いてみましたが、夏の営業時間が午前10時から18時までのため、その時間はまだ明るいとのことでした。

 リニューアル前の「かまたえん」には、お金を入れて動くパンダの乗り物があったそうですが、現在はないとのこと。その代わり、東急電車のカラーリングを模した「エコライド」や、エアクッションを使って飛び跳ねて遊ぶことができる「風の丘」、人気キャラクターの遊具など、子どもにはたまらないアトラクションが用意されています。

Large 210622 kamata 02

拡大画像

ゴンドラから見る園内(吉原あさお撮影)。

「かまたえん」のえんは、人が集まる場所を表す「園」と、人どうしの絆を表す「縁」の、ふたつの意味が込められているそうです。この日も、平日の午前中でしたが既に親子連れが7組ほど訪れていました。

 ちなみに、つい最近まで都内にもうひとつ、東急百貨店吉祥寺店の屋上「太陽の広場」にも観覧車がありました。奇しくも同じ東急系列ですが、こちらは2021年1月にリニューアルされ、観覧車を含むレトロ遊園地はなくなり、人工芝を敷くなどした子供が走り回れるようなスペースに生まれ変わりました。

【了】

【昭和の思い出「屋上観覧車」からの景色】

Writer: 吉原あさお

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 埼玉県川越市にも2019年までありましたね。その下の丸広百貨店は今も盛業中ですが。

    • これも確かに乗りものではありますね…