あの豪華夜行バスが“転身” 全11席「完全個室型貸切バス」登場 中身も進化

わずか11席の「完全個室型夜行バス」が、貸切バスに転身しました。もともと夜行を想定しているため、昼への転用には課題もありましたが、ある工夫で解決しています。

元「ドリームスリーパー」の「グレースドリーマー」

 2021年4月、東京都品川区に本社を置くニッコー観光バスが、「グレースドリーマー」なる新車両を導入しました。客席数はわずか11席、その全てが床から天井部まで達するパーティションで囲まれているという豪華バスです。

 11席、完全個室型……バスファンならばピンと来る人もいるかもしれません。この車両はもともと、東京~大阪間を結ぶ豪華夜行バス「ドリームスリーパー東京大阪号」の1台です。

 側面のロゴも、夜行バス時代の「Dream Sleeper gussuri」によく似たデザインで、「Grace Dreamer yuttari」となっています。

Large 210709 gd 01

拡大画像

貸切バス「グレースドリーマー」(画像:ニッコー観光バス)。

 2010年代を通じて登場した豪華設備の夜行高速バス、その最高峰に「ドリームスリーパー東京大阪号」は位置付けられます。両備グループホールディングスと関東バスの共同運行による、業界初の完全個室型夜行バスとして2017年1月に登場。東京~大阪間の運賃は新幹線よりも高い2万円です(通常運賃)。ただ2021年4月から、新型コロナの影響により運休が続いています。

「夜行バスの運行見通しがなかなか立たないなか、車両を東京で『昼』に転用してはどうか、ということになりました」。

 ニッコー観光バスはこう話します。ちなみに同社は両備グループの貸切バス会社であり、今回はグループ間での移籍です。

 完全個室型は、貸切バスとしても空前絶後でしょう。どのようなツアーでの用途を想定しているのでしょうか。

【完全個室バス、進化!】「グレースドリーマー」内外装を写真でチェック

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

Leave a Reply to ポリッシャーマン Cancel reply

4件のコメント

  1. ありがとうございます。結局のところドリームスリーパーは「当面のあいだ」運休だから、実質永遠に運休、つまり廃止を前提なので最終的にはすべて観光仕様に改造することでしょう。あくまで自分の予想ですが…。ちなみに、あのキングとも言われていた「はかた号」も現在「当面のあいだ」運休つまり実質永遠運休で廃止前提なので、来年あたりは超豪華高速バスも、超長距離高速バスも過去のモノになるかも…。高速バス業界にとってひとつの時代の分岐点になるかもしれませんね。

    • 補足です。8月よりオリオンバス(O.T.B.)の関東〜福岡・北九州線は復活運行することになりましたので(ちなみに、「はかた号」は8月以降も廃止前提で当面のあいだ、つまり実質永久に運休中)、キングオブ深夜(夜行)高速バスの座は交代になる、よって「新・キングオブバス」の誕生かもしれませんよ‼︎そうなる可能性は極めて高いと思いますが…(なにせ「はかた号」の当面運休は廃止前提でありますから…。ただ、あくまでも噂なので、真偽の方は不明ですけど、当面運休なので可能性は極めて高いと思います。)。

  2. ドリームスリーパー就役路線で眠れませんでしたがそれは車両の内装のせいではなく、私がバスの中では眠れないからでした…

  3. 商機はあるんですよね。例えば、近畿日本ツーリストの主力旅行商品にクラブツーリズムのおひとり様ツアーってのがあります。参加者一人様限定。
    ただ、この車ががっちり合うかといわれると、なかなか難しいところで。

    このツアーの見どころの一つは、「終わるころにはみんな仲良し」という流れがあり、みんながなるかどうかは置いといて、「見知らぬ人同士なのに終わるころにはそれなり交流ができている」という流れがある。

    交流を持つには接点が必要なわけで、その接点を阻害する個室という壁を越えてどう見どころを維持するかは旅行会社やバス会社の腕の見せ所になるでしょう。
    もしくは、このツアーに隠れてた、「独力で旅行する企画力はないが、誰かとなれ合う気なんて全くない」なんていうロンリーアローンなハードコア層を発掘する。そんな驚きもあるかもしれません。