短距離でも「夜行バス」メリットは 名古屋~大阪 東京~静岡… 時間は昼間の倍でも

夜行バスといえば長距離のイメージがありますが、それほど長くない距離を、昼間よりも長い時間をかけて結ぶものもあります。どのようなニーズがあるのでしょうか。

在来線でも3時間足らずの距離を7時間以上で

 夜行バスというと、東京~大阪や、日本最長の東京~福岡など、比較的長距離のイメージがあるかもしれません。しかし、短い距離の夜行バスもいくつか存在します。

 代表的なものが、名古屋~大阪間です。距離はおよそ170km。JR在来線でも3時間足らずで到着し、昼間に運行されるJR高速バスでもほぼ同様の所要時間です。

Large 210420 yakou 01

拡大画像

ジェイアール東海バスの車両(乗りものニュース編集部撮影)。

 しかし夜行便「青春大阪ドリーム名古屋号」(2021年5月13日現在、運休中)は、名古屋駅から大阪駅まで6時間以上、終点のUSJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)まで乗り通せば7時間以上をかけます。なおUSJから名古屋行きは8時間を超えます。

 ジェイアール東海バスによると、夜行便は岐阜駅などを経由するため、走行距離もおよそ230kmと長くなるそうですが、それにしても長時間です。ゆっくり走っているわけではなく、実は高速道路SAでの途中休憩や、別の場所での時間調整などで、あえて時間をかけて運行しています。

 このほか、ジェイアール東海バスが運行する東京発着の夜行「ドリーム静岡・浜松号」も、比較的短距離な夜行バスのひとつ。昼行の東京駅~静岡駅間なら、おおよそ3時間半、バスタ新宿~浜松駅間なら、おおよそ4時間半弱ですが、夜行便は東京駅~浜松駅のあいだで7時間から8時間かけます。

 やはりこの夜行便も、昼行便にはない横浜(YCAT)や掛川駅を経由するほか、東京側では新木場駅経由でTDL(東京ディズニーランド)を始発着としていることもあり、運行距離も300km強と長くなっているそう。TDL~浜松駅間を通して乗る場合、所要時間は上りが8時間50分、下りが8時間25分です。

【時刻表】名古屋~大阪7h超 東京~静岡8h超!

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 画像、浜松⇒東京の運賃表の表の左上の「区間」は、「乗車地」では?