国道18号「妙高大橋」8月に新橋開通 豪雪地帯の谷をまたぐ長大橋 現橋は老朽化

日本有数の豪雪地帯の「命綱」です。

9年がかりで「架け替え」完成!

 国土交通省北陸地方整備局 高田河川国道事務所は2021年7月27日(火)、新潟県妙高市の国道18号「妙高大橋」を8月3日(火)から新しい橋に切り替えると発表しました。

Large 210728 myoko 01

拡大画像

完成した新しい妙高大橋(画像:高田河川国道事務所)。

 妙高大橋は大田切川が作り出した谷筋をまたぐ長大橋で、新橋は現道に並行して完成。これに交通を切り替え、妙高大橋の「架け替え」が完了します。並行する上信越道とのダブルネットワーク化により、日本有数の豪雪地帯において平常時・災害時を問わない安定的な交通を確保するということです。

 現在の妙高大橋は完成から約50年を経て老朽化。2009(平成21)年には橋を支えるケーブルの一部破断が発見され、応急対策も実施されましたが、恒久的な安全性を確保すべく、架け替え事業が2012(平成24)年からスタートしていました。

【了】

【地図】妙高大橋の位置&現在の橋の損傷

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント