外環道「関越~東名」どこまで進んだ? 用地進捗「厳しい状況」

本線トンネルの貫通はもう少し先のようです。

Large 200729 gaikan 01
大泉JCT付近の施工状況。2020年6月現在(画像:関東地方整備局)。

 建設が進められている外環道の「関越~東名」区間について、国土交通省関東地方整備局が2020年7月27日(月)に第8回の連絡調整会議を開催、東京都、NEXCO東日本および中日本とともに進捗状況を確認しました。

 事業区間は関越道に接続する大泉JCTから、東名高速に接続する東名JCT(仮称)まで約16kmです。用地については、2020年6月までの19か月間で、全体の用地取得率が9割(面積ベース)を超え、残件数が78件減と進捗はしたものの、未だ用地全体で残件が280件あること、また、区分地上権(民地の地下にトンネルを通す権利)の用地進捗率は84%、残件が186件で、「厳しい状況」との見解が示されました。

 一方、東名側、大泉側の双方から2基ずつ進めている本線シールドトンネルの掘進は、4基の掘進量合計で約8km完了、各JCT部においても、工事が着実に進んでいるそうです。

 ただし、中央道に接続する中央JCTの本線部においては、ランプを接続させるためシールドトンネルを地中で拡幅する必要があります。この地中拡幅部は「世界でも類を見ない規模の、技術的困難さを伴う工事」であり、施工には相当のコストと工期の増加が見込まれるとしています。また、ランプが地下の本線トンネルへ接続する青梅街道IC(仮称)についても、工法などについて検討を進めていくとしています。

「関越~東名」区間は当初、2020年開催予定だった東京五輪までの開通が予定されていましたが、現在は開通時期が示されていません。中央JCT地中拡幅部の検討結果などを踏まえた事業計画の見直しについて、今後、事業評価監視委員会で審議をし、早期に開通時期の見通しを示すよう努めていくとしています。

【了】

【画像】外環道「関越~東名」現在の進捗状況

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント