「ペコちゃん」再来 赤と白の「リバイバルりょうもう」登場 車内も懐かしの色に

東武鉄道の「リバイバルカラー車両企画」第2弾として、特急「りょうもう」の200型電車を、先代「りょうもう」である1800系電車のデザインにした車両が登場しました。座席も1800系の色になっています。

リバイバルカラー車両企画の第2弾

 そのデザインなどから「ペコちゃん」とも呼ばれた、ローズレッドとホワイトの懐かしいデザインが東武線に帰ってきました。

 東武鉄道は、特急「りょうもう」用の200型電車のうち2編成を、先代の特急「りょうもう」用電車である1800系がしていた赤と白のデザインに変更。2021年8月7日(土)から順次、特急「りょうもう」で運行を開始します。

 200型電車が2021年2月にデビュー30周年を迎えたことを記念し、行われたものです。

Large psx 20210805 104815

拡大画像

先代「りょうもう」のデザインになった200型電車(2021年8月5日、恵 知仁撮影)。

 東武鉄道は2020年に特急「スペーシア」の100系電車、そして2021年に特急「りょうもう」の200型電車がそれぞれ30周年を迎えたことから、こうした「リバイバルカラー車両企画」を展開中。今回の「リバイバルりょうもう」は、2021年6月に登場当時の姿へ戻された「リバイバルスペーシア」に続く、第2弾です。

 この「リバイバルりょうもう」は、座席も昔の1800系カラーにされているのが特徴のひとつ。第3弾については、内容や時期などが決まり次第、発表するそうです。

 また「リバイバルりょうもう」登場にあわせて、8月7日(土)から東武線の55駅で「1800系カラーリング『りょうもう』記念乗車券」(1000円)が限定3000セットで発売されます。

【了】

【写真】車内も懐かしい「リバイバルりょうもう」&「ペコちゃん」と呼ばれた先代車両

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道を中心に、飛行機や船といった「乗りもの」全般やその旅について、取材や記事制作、写真撮影、書籍執筆などを手がける。日本の鉄道はJR線、私鉄線ともすべて乗車済み(完乗)。2級小型船舶免許所持。鉄道ライター/乗りものライター。

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント