「外環八潮スマートIC」外環道に誕生へ “新道路”との接続地点に設置

JCTだけじゃなくスマートICもできるのね!

外環道にスマートIC整備へ

 国土交通省道路局は2021年8月6日(金)、外環道に整備する「外環八潮スマートIC」の新規準備段階調査に着手すると発表しました。

Large 210806 yashio 01
外環道。新たに外環八潮スマートICが整備される(乗りものニュース編集部撮影)。

 区間は草加ICと外環三郷西ICのあいだ(埼玉県八潮市)。建設事業が進められている「東埼玉道路(専用部)」が接続する草加八潮JCT(仮称)とほぼ同地点だといいます。

 この付近では、地上の国道298号から北へ、国道4号のバイパス「東埼玉道路」が大型商業施設「越谷レイクタウン」の先まで延びていますが、そのど真ん中へさらに、有料の自動車専用部を建設し、外環道と草加八潮JCTで接続させる「専用部」の事業が、NEXCO東日本と国土交通省共同で2020年度から始まっています。

 ただ国土交通省高速道路課によると、どのような形で草加八潮JCT付近に外環道のスマートICを接続させるかは未定だということです。

 なお今回は外環八潮のほかにもスマートICについて新規準備段階調査に着手すると発表されています。北から道東道 新得(北海道新得町)、東北道 八幡平(岩手県八幡平市)、常磐道 千代田PA(茨城県かすみがうら市)、北関東道 足利(栃木県足利市)、北陸道 神田(滋賀県長浜市)の5つです。

【了】

【どこにできる?】外環八潮スマートIC&東埼玉道路の位置

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント