排気量8200ccも!? 横綱級バイク「ボスホス」が生まれたアメリカンな理由 ホントの横綱も愛用

日常で使われるバイクと比べ、想像を絶するパワーを持つ巨大バイクが、世界には数々存在します。その中でも特に桁違いなのが、アメリカのメーカー「ボスホス」の製造するバイクです。

世界に大きなバイクはたくさんあるが…

「デカいバイクに乗りたい!」というのはバイク乗りのロマンの一つかもしれません。日本の大型バイクといえば、ホンダの「GL1800」1800cc、生産終了したヤマハの2代目「VMAX」1700ccなどありますが、世界にはさらに大きな排気量のバイクがゴロゴロあります。

 量産バイクとしてはトライアンフ「ロケット3R」シリーズが、並列3気筒エンジンで2294ccという世界最大級の排気量を誇っています。さらに2021年に新登場した「ロケット3Rブラック」の排気量は、なんと2458cc。停止状態からわずか2.73秒で時速60マイル(約96.6km/h)に到達するバケモノのようなパワーです。

 しかしこれで驚いてはいけません。中小メーカーに目を向けると、アメリカにはさらに大排気量のバイクが生産されています。そのひとつが「ボスホス」というメーカーです。

モンスタークルーザーバイク専門メーカー「ボスホス」とは?

 アメリカのテネシー州に本社を置く「ボスホスモーターサイクル」は1990(平成2)年に設立。約30年の歴史で製造されたラインナップを見てみると、排気量は5700cc、6200cc、挙句の果てには8200ccというとんでもないものまで。排気量8000ccは4tトラックのエンジンに相当するといい、まさにアメリカといったスケールです。

Large 210820 bosshoss 01

拡大画像

シボレーの自動車用エンジンを搭載したボスホスのバイク(画像:ボスホス)。

 バイクとしては桁違いの排気量ですが、それもそのはず、エンジンは四輪用のシボレー製エンジンです。5700ccモデルは「V8オートマチック2スピード」の名前から分かるとおりV8エンジン搭載で、最高出力355馬力、重量は約500キロとまさにモンスター級です。8200ccモデル「ビッグブロック」に至っては、その重量は約600キロ。単車ながらスズキ「アルト」1台に匹敵します。

【「ボスホス」の超級モンスターバイク&トライクを見る】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント