JR西 屋根上がスゴイ新型総合検測車「DEC741」導入 夏に引退した国鉄443系の魂移設も

JR西日本が、新型の総合検測車「DEC741」を導入します。線路やその電気まわりの検査を、走行しながら行える車両で、多数のカメラを搭載。AIを用いて解析されます。また2021年夏に引退した443系の装置も、移設されました。

国内の鉄道事業者で初のシステム

 JR西日本が2021年10月、新型の総合検測車「DEC741(デック741)」について発表しました。

 線路とその電気関係の設備について、現在は人が地上を歩きながら行っている検査を、このDEC741の走行・検測によって行えるようにすること(地上検査の車上化)を目的に、製造された車両です。

Large 211027 dec741 01

拡大画像

JR西日本が導入する新型の総合検測車「DEC741」(2021年10月、恵 知仁撮影)。

 2両編成で、DEC741-1の屋根上には、50台のカメラなどからなる「電気設備撮像装置」を搭載。電柱や信号機、がいしなどを撮影します(昼夜撮影可能)。床下には、車両から線路方向の検測を行う「線路設備診断システム」も搭載します(今後に搭載予定)。

 そしてDEC741-101の屋根上には、4台のカメラなどからなる「電気設備測定装置」を搭載。架線まわりの測定(高低差、離れ)をします(昼夜撮影が可能)。

 これらの撮像装置、測定装置によって、線路の電気設備についてデータを取得(約100種類の設備データを取得可能)。AIを用いた画像解析装置を用い、診断します。車上から広範囲に設備データを取得し、AI技術による解析を行うシステムは、国内の鉄道事業者で初だそうです。

【写真】一目で「普通じゃない車両」と思わせる! DEC741屋根上にズラリならぶカメラ

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント