自衛隊基地から旅客機が飛び立つ! JAL羽田~千歳線70周年で「鶴の恩返し」遊覧飛行

JAL「羽田~千歳線」の就航70周年を記念して、千歳市・日本航空千歳空港支店・北海道エアシステム共催による新千歳空港発着の遊覧飛行を実施。この遊覧飛行では、駐機場と滑走路をかつての千歳飛行場である航空自衛隊の施設を使用しています。

千歳基地はかつて官民共用の「千歳飛行場」

 JAL(日本航空)の「羽田~千歳線」就航70周年を迎えた2021年10月26日(火)、午前中にJALの羽田~千歳線の2便を対象とした記念フライトを行ったあと、午後には千歳市・日本航空千歳空港支店・HAC(北海道エアシステム)の共催で、HACのATR42-600型機(機材番号:JA11HC)を使用した遊覧飛行を実施しました。

 この遊覧飛行の特徴は、離発着したのが新千歳空港の滑走路ではなく、隣接する航空自衛隊千歳基地の滑走路であったことです。

Large 211027 jal 01

拡大画像

航空自衛隊千歳基地の駐機場から出発するHACのATR42-600型機。JALのスタッフたちが横断幕を掲げて見送る(2021年10月26日、伊藤真悟撮影)。

 航空自衛隊千歳基地はかつて「千歳飛行場」であり、官民共用の施設でした。1926(昭和元)年に千歳村民の労力により着陸場を作り、小樽新聞社(現:北海道新聞社)保有の「北海第一号」が飛来したのがはじまりです。

 1945(昭和20)年の終戦からは米軍が駐留しましたが、1951(昭和26)年10月25日に民間空港として再開し、翌26日にJALの羽田~千歳線が就航しています。つまり、今年は就航70周年であるとともに民間航空再開70周年でもあるのです。

 今回の遊覧飛行は、2026年に「千歳市空港開港100周年」を迎えることもあり、カウントダウン企画とともにJALグループの地域活性化事業の一環として、千歳市民への恩返しの意味も込めて実施したとのこと。そのため遊覧飛行には千歳市民を無償で招待しています。

【写真】JL4366便チェックインから降機まで(46枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント