名鉄2000系「ミュースカイ」と3100系が初組み合わせ 太田川駅高架化10周年で臨時特急運転

知多半田方が2000系です!

往復で異なるイラスト系統板を掲出

 名古屋鉄道は、常滑線・河和線の太田川駅(愛知県東海市)が高架駅となってから今年で10周年を迎えることを記念して、2021年12月19日(日)に「太田川駅高架化10周年記念イベント」を開催します。

Large 211117 mei 01

拡大画像

名鉄2000系電車(左)と3100系電車(右)(画像:名古屋鉄道)。

 このイベントでは名鉄名古屋発知多半田行きと知多半田発名鉄名古屋行きの臨時特急「太田川駅高架化10周年記念号」を運転。車両は「ミュースカイ」の愛称を持つ2000系電車(特別車)4両と3100系電車(一般車)2両を連結した6両で、同社初の編成です。知多半田行き、名鉄名古屋行きとも車両の前後に記念のイラスト系統板を掲出します。臨時特急の特別車両券(ミューチケット)は11月19日(金)からの発売です。

 12月19日(日)から2022年3月31日(木)までの期間は、太田川駅特設発売所と太田川駅出札窓口で「太田川駅高架化10周年記念入場券」を発売します。

 発売金額は1枚680円で発売数は2000枚。なくなり次第終了となります。購入はひとり1回の購入につき5枚までです。

 太田川駅は2011年12月に高架化。同社初の3層構造をもった高架駅です。

【了】

【画像】掲出されるイラスト系統板

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 将来はμスカイもそのような列車編成になって、実質的な乗車機会が増すのですかね。