ボーイングの航空業界の未来予測とは 777Xは順調? 今後ウン10年で「797」は生まれるのか

ドバイで脚光を浴びた777X、今後どうなるか…?

2023年就航予定の777X…予定の遅延はナシ?

 アメリカの航空機大手メーカー、ボーイング社のマネージング・ディレクター、インド&アジア太平洋地域マーケティング担当のデビッド・ショルティ氏などが2021年11月19日(金)、報道陣に向け説明会を実施しました。

 ジェット旅客機は通路の本数によって「ワイドボディ(通路が2本)」「シングルアイル(通路が1本)」と大別でき、それぞれでボーイング社の動向が注目されます。

Large 01

拡大画像

ボーイングの旅客機(乗りものニュース編集部撮影)。

 同社の「ワイドボディ」機の議題でもっとも注目されうるものは、現在開発が進んでおり、11月に実施されたドバイ航空ショーで広く実機が披露された世界最大の双発機「777X」でしょう。

 実はボーイング社は2021年1月に、2023年後半まで777Xの納入を延期すると発表しており、新型コロナウイルスなどの影響もあり、さらなる遅延の可能性もゼロではありませんでした。ただ、デビッド氏はこの日も「旅客機は2023年に運航開始」と言及。この一年間でスケジュールがさらに遅延したわけではないようです。

 一方「シングルアイル」機に関係する議題では、現行の「737MAX」の後継機種について注目されます。

 たとえば同社では2020年まで「NMA(New Middlesize Airplane、新中型機)」という新型機を開発していましたが、2020年に一旦見直しに。この「NNA」はメディア関係者などを中心に、いわゆる「797」と呼ばれていたモデルです。

世界最大双発機「ボーイング777X」とは? 写真でささっと見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント