新型機「ボーイング777X」 現在の「777」と何が違う? 主翼に特徴 日本ではANAが導入

ボーイングの最新鋭機種「ボーイング777X」シリーズは「777」がつきますが、従来の「777」シリーズとは、大きく異なるようです。機体の大きさは「超大型」、それゆえに特徴も主翼にあります。

「折りたためる翼」なぜ?

 ボーイングの最新鋭機種「ボーイング777X」シリーズが、2020年の就航を目指して開発中です。「ボーイング777」が入っているものの、従来の「ボーイング777シリーズ」とは、大きく異なります。

 まずはより「大型」となる点です。従来のボーイング777シリーズも大型機といわれ、777-200型機は全長63.7m、777-300型機は73.9mでした。ボーイング777Xはこれより大きくなります。

 ボーイング777Xは現在「-8」と、長胴型にあたる「-9」の二種が発表されていますが、-800の全長は約70mで、-900は約77mです。

 特に-9は「超大型機」にあたり「この規模の競合相手は、現在いません」(ボーイング民間航空機部門 マーケティング担当副社長ランディ・ティンゼスさん)とのこと。ちなみに、生産終了が発表されたエアバスの超大型機、エアバスA380型機の全長は73mです。

Large 191009 777x 01

拡大画像

「ボーイング777X」の折りたためる翼(画像:ボーイング)。

 ボーイング777Xの外観で、特徴的なのが「折りたためる翼」。主翼の先端が、それぞれ約3.5m、上に折れるようになっています。主翼をたたむのは、おもに駐機など、地上にいるときです。

 ボーイング777Xは幅も「超大型」化し、約72mあります(-8、-9共通。「777」は約65m)。この大きさでは、空港設備によっては大きすぎて駐機が難しいケースもあるため、翼をたためるようになっているのです。

【画像】「777X」の機内はこうなる

画像ギャラリー

  • Thumbnail 191009 777x 03
  • Thumbnail 191009 777x 04
  • Thumbnail 191009 777x 05
  • Thumbnail 191009 777x 01
  • Thumbnail 191009 777x 02

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 墜落しそう

  2. 777-800と-900なんて型は存在しない。
    正しくは-8と-9

    • ばお様

      平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
      乗りものニュース編集部です。

      このたびはご指摘をいただき、誠にありがとうございます。
      修正いたしました。

      これからも変わらぬご愛顧を賜りますよう、
      何卒よろしくお願い申し上げます。