副駅名「KATANA」誕生! スズキが命名権獲得 天竜浜名湖鉄道のフルーツパーク駅

「フルーツパーク(KATANA)駅」となります。

大型バイクのブランド力拡大を図る

Large 211201 tenhama 01
天浜線で使われるTH2100形気動車(画像:写真AC)。

 天竜浜名湖鉄道とスズキは2021年12月7日(火)から2024年3月31日まで、天竜浜名湖線(天浜線)のフルーツパーク駅のネーミングライツスポンサー契約を締結。大型バイク「KATANA(カタナ)」の名前が同駅の副駅名に設定されます。

 静岡県浜松市に本社をもつスズキは、地元を走る天浜線で2019年から「KATANAラッピング列車」を運行。また、スズキのイベント開催にあわせ、1日限定で開催地最寄りのフルーツパーク駅を「KATANA(フルーツパーク)駅」に改名したこともありました。

 スズキは副駅名へのスポンサー契約により、「広くKATANAをアピールすることでブランド力の拡大を図り、新たなファン獲得を図る」としています。

 なお天竜浜名湖鉄道では、同日に上野部駅でもネーミングライツによる副駅名「シルクロード上野部」が使用開始されます。 

【了】

【「KATANA駅」駅名標を見る】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント